2013 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2013 05
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
一足早くGW突入で最高の一日に!! 2013年4月26日
- 2013/04/30(Tue) -
私のGWは通常より一日早い今日から始まりました。
昨日までぱっとしなかった天気も今日は私を待っていたかのよう青空で迎えてくれました。
(そう思うのはタダ!!何事も自分流に)

まずはお決まりのコース、KyutakaからSanz→Saka→Ishi→UMe。
Ishiを過ぎて数メートル先の比較的見やすい枝に雌が止まっていました。

DSC_1492-2.jpg
ノートリ

やはり、これは臆病で直ぐに下流へ飛んで行ってしまいました。

その後、中流域にポイントを移して探索しました。
KashiとBen橋の間、いつものKashi下の茂みよりも下流に真央ちゃんがいました。
DSC_1519-2.jpg
ノートリ


DSC_1881-2.jpg
ノートリ


M池に場所を移動
DSC_2158-2.jpg
ノートリ


DSC_2322-2.jpg
ノートリ


DSC_2312-2.jpg
ノートリ


DSC_2508-2.jpg


DSC_2509-2.jpg


DSC_2511-2.jpg


DSC_2495-2.jpg


DSC_2496-2.jpg


この後、逆光ホバの撮影に挑戦
(太陽はだいぶ傾き石のベンチ側は逆光になる)
DSC_2634-2.jpg
移動しながら撮影

つづく

スポンサーサイト
この記事のURL | カワセミ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
久しぶりのイカル君と嫁さん  2013年4月21日
- 2013/04/24(Wed) -
考えてみれば、ここ数ヶ月上流へ行く機会が少なかった。行っても直ぐに中流域のカワセミを追いかけることが
多かった。と言う訳でイカル君とその嫁さんにを撮影するのも久しぶりかも知れない。
イカル君は巣穴へ行ったり狩をしてメスに持っていったり頑張っている。
雌(美弥ちゃん)もイカルに頼らず腹が減れば自分でせっせと捕獲している。

DSC_1170-2.jpg
イカル君

DSC_1321-2.jpg
雌の美弥ちゃん、ちょっと神経質、臆病で直ぐに茂みの奥に入ってしまう。
このように比較的表で餌を咥えているシーンは珍しいくらいだ。

DSC_1365-2.jpg
食べ終わると、直ぐにこのように警戒

DSC_1366-2.jpg
そして、逃げ出す。ちょっと切れてしまいました、失礼!!

この記事のURL | 自然探訪 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雨上がりの午後  2013年4月21日
- 2013/04/23(Tue) -
休みの日に遅くまで寝ているのが苦手になってしまい、ほぼいつも通りの時間に起きてしまった。
しかし、雨は天気予頬通り降り続いていた。
予報では昼過ぎから上がることになっていたので、それまでは普段できない
ことをするのに丁度良い時間となった。
12時過ぎに川仲間から電話が入った。外を見る明るくはなってきたが、小雨が降っていた。
様子を見ながら支度をして一時ごろに出かけた。
テニスコート前をチェックしたがいなかった。川仲間からTac前にいると言う情報があったので
急いで向かった。着くなり、飛込みやらホバなど三回ほど繰り返しやってくれた。

DSC_1139-2.jpg


DSC_1115-2.jpg
ノートリ

DSC_1116-2.jpg
ノートリ


DSC_1117-2.jpg
ノートリ


DSC_1241-2.jpg
この記事のURL | カワセミ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
冬に逆戻り!! 2013年4月20日
- 2013/04/21(Sun) -
カワセミを追いかけている時はそうでもないのですが、
マッタリしているとジーンと寒さがこたえる
冬に逆戻りしたような寒い日でした!! 

朝一、Miyaへ行くも飛散した後で不発。
UchiさんからBen池付近にMaoがいるというので上流に移動。

DSC_1013-2.jpg


DSC_0996-2.jpg



DSC_0948-2.jpg
この記事のURL | 自然探訪 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今日こそは!! 2014年4月14日
- 2013/04/20(Sat) -
予報通り、朝早くから空は晴れ渡り清清しい天気でした。

カワセミ君たちの春の活動が活発になっています。
刻々と入ってくるウィークデイ組のナイスショット!!
しかし、未だこちらは納得できる撮影が出来ていない。
それどころか、そのシーンにお目にかかっていない。
①下流のJJ
②Ben池からSanz橋の堰までを縄張りにしつつある、春くん
③その上流を死守しているイカル
どこを狙うか迷うところだが、朝は1枠狙い下流へ行くことにした。

下流の雌は自前で朝食の準備
DSC_9854-2.jpg



DSC_9867-2.jpg



DSC_9868-2.jpg


DSC_9877-2.jpg



ボタン桜とスカイブルーのハーモニーが綺麗でした。
DSC_9896-2.jpg


Ben池で・・・
DSC_0297-2.jpg
シジュウカラも、こうして見ると捨てたもんではありません。



Tac橋に差し掛かる茂みで・・・
DSC_9981-2.jpg


DSC_9984-2.jpg

交尾は失敗だったか?

DSC_0029-2.jpg


M池へ移動
DSC_0212-2.jpg


DSC_0300-2.jpg


DSC_0301-2.jpg



DSC_0305-2.jpg



DSC_0345-2.jpg



DSC_0346-2.jpg


DSC_0347-2.jpg

ウイークデイ組に負けないように頑張らねば・・・
この記事のURL | カワセミ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
少し大きめのプレゼントをせっせと運ぶ!! 2013年4月13日
- 2013/04/19(Fri) -
気に入られるためにはプレゼントが一番。
いつもよりも大き目を狙っているのか大きいサイズが多いようでした。

DSC_9616-2.jpg
このシーンは水中に差し込む光が綺麗でした。

DSC_9617-2.jpg


DSC_9618-2.jpg


DSC_9633-2.jpg


DSC_9779-2.jpg



DSC_9781-2.jpg



DSC_9784-2.jpg


今日は所用があったので10時に早上がりでした。

この記事のURL | カワセミ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春&真央 求愛給餌 Photo by Kimie 2013年4月13日
- 2013/04/13(Sat) -
朝9時、家事を終えて川へ向かった。よく晴れて清々しい。
最初、中学校テニスコート前のポイントをチェックしたがいなかった。
下流に向かった。T橋で♀が川を覗き込んでいた。直ぐに上流へ飛んで行ってしまったので
追いかけた。OldTの下に入ってしまった。
春君は山と川を行ったり来たり。
やがて二羽とも下流へ飛んでいってしまった。
川仲間からBen池前にいるという情報が入ったのでそちらに向かったが
既に誰もいなかった。一人でM池に向かった。
それから、長目の昼休憩をとって三時過ぎ再びM池に車で向かった。

日が西に傾きかけた頃からいいシーンの連続だった。

DSC_2622-2.jpg


DSC_2546-2.jpg



DSC_2556-2.jpg


DSC_2558-2.jpg



DSC_2488-2.jpg


明日はどこを狙おうかなー!!

この記事のURL | カワセミ | CM(5) | TB(0) | ▲ top
求愛給餌 イカル&美弥 Photo by Kimie 2013年4月7日
- 2013/04/07(Sun) -
求愛給餌 イカル&美弥 Photo by Kimie
大荒れの一夜が過ぎた。午前中はダメかと覚悟していたが空を見上げると
青空が覗き始めていた。

川は案の定、水嵩が増してカワセミ君にとっては魚を取りにくい状況だった。
おまけに風も強い。

DSC_8067-2.jpg
普段なら歩ける川岸の散歩コースも水に浸かっていた。

昼過ぎスーパーでお弁当を買ってガード下にさし掛かると皆が普段とは違う顔色でカメラを構えていた。
丁度、給餌寸前だった。持っていたお弁当を放り出して夢中でシャッターを切りました。

給餌し易いように加え直したところだった。
DSC_2206-2.jpg
背中側から強風に煽られて頭の羽根は逆だっています。


DSC_2213-2.jpg
♀翡翠(MIYAちゃん)は、どうも表が苦手らしく、暗いところ、茂みの中が好き。
カメラマン泣かせ。


DSC_2214-2.jpg
給餌成功。


DSC_2223-2.jpg
やったぜ!!ポーズ。それを、そばで見つめる美弥ちゃん。



kawasemi20121216


ご褒美に、チューリップでも。。。




この記事のURL | 自然探訪 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
筏(いかだ)カワセミ  2013年4月6日
- 2013/04/06(Sat) -
週末は低気圧の北上に連れて台風並みの荒天が予想されていた。
それでも、土曜日の午前中は薄日も時折射すくらいで何とか撮影できた。

M池の近くに住むH氏の奥様から筏(いかだ)カワセミという言葉を教えていただきました。
水面に桜の花びらが散って絨毯のようになった状態を「桜筏」というらしい。
それで、それを背景に撮影された状態が「筏カワセミ」だそうな。

DSC_8104-2.jpg
この記事のURL | 自然探訪 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。