2014 01 ≪  02月 12345678910111213141516171819202122232425262728  ≫ 2014 03
河川管理課へ伐採の実情を確認 2/2 2014年2月27日 
- 2014/02/27(Thu) -
河川管理課へ伐採の実情を確認 2/2
今日27日、(25日に電話してから中一日おいて)再び東京都南多摩東部建設事務所( 042-720-8628)へ電話しました。
今日は25日に電話を受けてくれた齋藤さんはお休みということで上司にあたる工藤係長が応対してくれました。

25日私が電話した後、工藤係長と斉藤さんは直ぐに現場へ確認に行ったと言っていました。
二人は想定外の現場の様子に驚いたということでした。
これは、いろいろお叱りを受けてもしょうがないと思ったとも言っていました。

河川敷の樹木の伐採は上流域のIna橋からTak橋までの予定でTaj橋から下流は伐採範囲には
入っていなかったそうです。
ことの起こりは、樹木伐採業者に実際に発注をする町田東工区(道路工事等の管轄)と東京都南多摩東部建設事務所との間の連携ミスだと言っていました。

今回の河川敷伐採はゲリラ豪雨などにより流域の方々から流水を良くするために
河川敷内にある樹木伐採の要請があったため行うことにした。
但し、NPO法人の方やカワセミ愛好家の希望もあり伐採する程度については
事前に目印を行うなどして伐採業者が実際の作業中に切るもの残すものの
判断が出来るように準備して行ったとのこと。(NPO法人の方やBさんご苦労様です)

「覆水盆に返らず」で済ませてしまえばそれまでで、カワセミちゃんにとっては
えらい迷惑。kashi橋上下はカワセミにとって大切な避難場所であり子育ての場所でもあるので
何とかならないものでしょうか?と相談しました。(穏やかに!)
出来れば人手によるもではなくあくまでも自然な装いで・・・。
工藤係長は同じ事務所内の工事部の人たちと現在対応を相談中とのこと。
まだ結論が出ていないので何とも言えないが今後相談してみますとのことでした。

別件で、Joさんからの情報によりますと境川も同様の伐採が行われているとのことでしたので、
東京都南多摩東部建設事務所の管轄を聞きましたところ以下の9河川でした。
鶴見川、恩田川、境川、真光寺川、麻生川、大栗川、
こった川(乞田川)、三沢川、三沢川分水路

境川も含まれていたので、伐採計画を聞いてみました。
NG橋~NewNS橋~Hino橋 は伐採中
Sa橋~上Tsuru橋は今後伐採予定。

カワセミ愛好家などの意見を聞きながら進めますとのことでした。
現場の詳細が分らないのでJOさん直ぐにでも連絡してみてください。

以下のメールアドレスに連絡することも可能です。(工藤様あて)
s8000422@section.metro.tokyo.jp

川沿いの住人の方々とも仲良くしながら良いコミュニケーションをとって楽しいカワセミライフを将来継続的に続けられるように皆で協力してやって行きたいものです。









この記事のURL | カワセミ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
河川管理課へ伐採の実情を確認 1/2  2014年2月25日
- 2014/02/25(Tue) -
河川管理課へ伐採の実情を確認 1/2 
この伐採の状況を管轄は承知しているのか疑問に思えたので先ずは連絡をして見ることにしました。
ウィークデイは日中時間が中々取れないのでついつい連絡出来ずじまいに
なりがちです。今日はたまたま昼食後時間が取れたので下記に連絡を入れてみました。
東京都南多摩東部建設事務所管理課 042-720-8628
丁度、O川担当が電話受けてくれて丁寧に説明してくれ、こちらの話も良く聞いてくれました。
河川管理の方針
1.河川は治水(流水)が目的。
2.河川沿いの住人の安全第一。
3.自然環境保護も考慮しながら行う。
4.川の両側の歩道には植樹をしますが河川敷に植樹することはない。
5.河川敷にある樹木は自生したもの。
6.ここ数年河川敷の樹木を刈り取っていない。
7.住人から鳥などによる糞害等の苦情が出ていた。
8.一方小鳥(カワセミ等)の愛好家から伐採の程度について要望があったので
それを考慮した上で業者に伐採を依頼した。(目印の白テープの樹木は残すように配慮した)
9.Taka橋~OG区間(2月17日~20日に伐採)は上流域と伐採のされ方が違い幹の根元を残すのみで
根元から伐採されている。この状況をご承知でしょうか?
依頼している業者が上流域と同じなので伐採の程度が違うとは思わないが
現場を確認して見ます。

凡そこのような話でした。
やはり、伐採後の状況を正確に把握していませんでした。
2月22日(土)、23日(日)のカワセミの様子と遊歩道を行き交う人々の嘆き悲しみを
伝えましたところ管理課の担当もそんなはずは??と言う不思議そうな声を上げました。
それで、先ずは現場を確認して頂くことにしました。

また、数日してから連絡してみたいと思っています。
この記事のURL | カワセミ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
川の様相が一変「力強く生き抜くカワセミ」 2014年2月23日
- 2014/02/23(Sun) -
この週末O川に大事件が起きました。
Taka橋~OG橋までの区間で河川敷内の自生林が根元から伐採されてしまいました。
今年になって上流側から順次伐採されて来てはいましたが、この区間の伐採は
上流域よりもひどいされ方で昨日の朝は川に着くなり唖然としました。
20140222-DSC_7271-2.jpg
河川敷の自生林は全て伐採され土肌が見える始末です。
遊歩道にある桜の枝さえも寂しそう。

20140222-DSC_7268-2.jpg
このように根元から伐採されて川は丸坊主です。
この先、カワセミはどこで子育てすればいいのか?どこで天敵からの攻撃を避ければいいのか?

やはりこの厳しい環境の中で確実にカワセミの行動パターンが変わっというのが実感です。
しかし、懸命に生きようとしているカワセミも何羽かいました。
このカワセミたちにはこの厳しい環境の中でも何とか負けないで生き抜いて欲しいものです。
20140223-DSC_8421-4.jpg

20140223-DSC_8420-3.jpg

20140223-DSC_8421-3.jpg

20140223-DSC_8253-3.jpg

20140223-DSC_8484-2.jpg

20140223-DSC_8520-2.jpg




この記事のURL | カワセミ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雪見カワセミ  2014年2月16日
- 2014/02/16(Sun) -
14日から15日にかけて関東は広い地域で先週に続く記録的な大雪に見舞われました。
雪かきは普段お会いしない方を見かけたり言葉を交わしたりとご近所とのコミュニケーションができて
たまにはいいものです。
しかし、今朝は二週続きの雪かきで足腰が痛んでいましたが、昨日とは打って変わって
朝から眩しい青空が広がり大いに期待ができそうな一日がスタートしました。
20140216-DSC_6530-2.jpg

201402166-DSC_6227-2.jpg

遊歩道には30センチはあろうかという雪が残っていました。
それを長靴で慎重に踏み付けなながらカワセミを追いかけました。
今日に限ってカワセミは上へ下へと移動を繰り返しその度にだんだん踏み固められていく
雪(氷)に足をとられないように追いかけるのが大変な一日でした。

そんな中でも今回はある程度イメージした雪見カワセミ、17コマの撮影に成功しました。
雪見カワセミとは、カワセミが雪上でいつもとは違う眼下(雪景色)を見ながらホバリングする様を私が勝手にそのように表現しました。
20140216-DSC_7119-4.jpg
ノートリ

20140216-DSC_7120-4.jpg
ノートリ   

20140216-DSC_7121-4.jpg
ノートリ   

20140216-DSC_7122-2.jpg

20140216-DSC_7123-2.jpg

20140216-DSC_7124-2.jpg

20140216-DSC_7125-2.jpg

20140216-DSC_7126-2.jpg

20140216-DSC_7127-2.jpg

20140216-DSC_7128-2.jpg

20140216-DSC_7129-2.jpg

20140216-DSC_7130-2.jpg

20140216-DSC_7131-2.jpg

20140216-DSC_7132-2.jpg

20140216-DSC_7133-2.jpg

20140216-DSC_7134-2.jpg

20140216-DSC_7135-2.jpg

この日はホバリングを全部で6回目撃しまして、そのうち3回ゲットしました。
その内の一回が雪見カワセミでした。


この記事のURL | カワセミ | CM(6) | TB(0) | ▲ top
三勝三敗のホバ   2014年2月9日(日)
- 2014/02/11(Tue) -
私が今日目撃したホバは6回でした。朝方二回と中版三回に午後一回。
その内、三回を何とかゲットできたので三勝三敗でまあまあでした。
中盤に成功したホバシーンから掲載します。
秒6コマで撮影しましたが微妙に変化があって良かったと思います。

撮影機材:NIKON D7100 + AF-S 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
20140209-DSC_5487-2.jpg

20140209-DSC_5488-2.jpg

20140209-DSC_5489-2.jpg

20140209-DSC_5490-2.jpg

20140209-DSC_5491-2.jpg

20140209-DSC_5492-2.jpg

20140209-DSC_5493-2.jpg

20140209-DSC_5494-2.jpg

20140209-DSC_5495-2.jpg
この記事のURL | カワセミ | CM(1) | TB(0) | ▲ top
雪カワセミは難しい!!  2014年2月8日(土)
- 2014/02/09(Sun) -
昨日は天気予報以上の大雪となりました。
できるだけ早く出かけたかったので雪が止んだ夜中にスコップを持ち出して
小一時間雪かきをしました。今回の雪質は粒が小さめでサラサラした雪でした。
お陰でスコップ山盛りにしても重さは大したことりませんでした。

朝食前に昨晩の続きの雪かきを終わらせて雪翡翠を期待して勇んで出かけました。

木の枝に雪が全くない!!
あの大雪だからまだ桜の木は雪に覆われていてそれに止まるカワセミを
イメージしていましたが道路には20センチ以上積もっているのに
木の枝には全く雪がありませんでした。サラサラ雪だったため
少しの風で飛ばされてしまったのかも知れません。

最初に迎えてくれたのはKshi橋のすぐ脇にあった大きくてユニークな雪ダルマでした。
20140209-DSC_5681-2.jpg

20140209-DSC_4991-2.jpg

20140209-DSC_4992-2.jpg

20140209-DSC_5079-2.jpg

20140209-DSC_5083-2.jpg

20140209-DSC_5658-2.jpg

Yukikawasemi3.jpg
雪カワセミのイメージはこんなんでした!!
次回は少し湿気のある降雪期待します。

この記事のURL | 自然探訪 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
20年ぶりの大雪にカワセミもビックリ  2014年2月8日
- 2014/02/08(Sat) -
発達した低気圧の影響で8日、日本列島は広い範囲で雪が積もった。関東では9日明け方まで降り続く見通し。
午前中、ソチオリンピックの開会式の録画をゆっくり見た後、厳重に寒さ対策をしてMF探索に
向かいました。昨年は1月14日に大雪でしたがそれを大幅に上回る積雪にビックリ!!
20140208-P2070051-2.jpg
Sanz橋から下流方向

20140208-P2070035-2.jpg
Ben橋から

20140208-P2070033-2.jpg
Ben公園では子供たちがかまくらを作るんだと元気に頑張っていました
この記事のURL | 自然探訪 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
一勝四敗のホバ
- 2014/02/01(Sat) -
久し振りに茂くんがSANZ橋の下流域のホバポイントで朝方5回ホバリングをしてくれました。
その内、二回は間に合わず、二回は近すぎてピンボケ、一回だけなんとか8コマ捉えました。
全てノートリです。
残念ながら全部下向き・表を上げて!!

機材:NIKON D7100 + AF-S 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
20140201-DSC_3441-2.jpg

20140201-DSC_3442-2.jpg

20140201-DSC_3443-2.jpg

20140201-DSC_3444-2.jpg

20140201-DSC_3445-3.jpg

20140201-DSC_3446-2.jpg

20140201-DSC_3447-2.jpg

20140201-DSC_3448-2.jpg
この記事のURL | カワセミ | CM(3) | TB(0) | ▲ top
| メイン |