2014 02 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2014 04
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
恩田川なんでも写真展  2014年3月29日((土)
- 2014/03/29(Sat) -
第一回 恩田川なんでも写真展 リポート

町田さくら祭り(弁天橋公園班)とのコラボで「恩田川なんでも写真展」の初日がスタートしました。
屋外展ということで天気も心配でしたが何しろ初めての試みだったので準備などが順調に進むのか、
お客さんはどんな反応を示すかなど?気になることが沢山ありました。

作品の展示は7時半からにしていましたがいろいろ気になって7時前には現場に行ってしまいました。
天気は上々で雨の心配はなさそうなので安心しました。

普段はお昼出勤の出品者も早い時間から集まり午前八時には大方の展示が完成しました。

9時にはお行儀よく集合写真と相成りました
20140329-DSC_0520-2.jpg

写真展の趣旨:
町田さくら祭りは地域の方々が大変多く恩田川を訪れますのでこの機会に日頃撮影したカワセミの写真や様々な野鳥、
昆虫や草花など恩田川に縁のある作品を展示して恩田川を散策する人や周辺地域の人々とのコミュニケーションの機会を
創出して恩田川がますます和気藹々としたフィールドになることを目指しています。

20140329-DSC_0538-2.jpg
こんなに沢山の人たちに立ち止まっていただきました

20140329-DSC_0539-2.jpg
桜は見頃には少し早かったので写真展のイベントは「川に出てきて良かった~!」と言う声が・・・

20140329-DSC_0555-2.jpg
楽しそうに鑑賞していただきました

展示前のあちらこちらで「これ見て~凄い!!」
「\(・o・)/!わー綺麗」
「これ今日だけ~?いつまでやってるの~?」
「売ってないの~?」

20140329-DSC_0550-2.jpg
フェンスに飾られた写真と向かい合う人々

あちらこちらでお褒めの言葉も沢山聞きました。

20140329-P3290026-2.jpg
お酒も入り饒舌に説明するEMO氏

こちらは恩田川の樹木復元キャンペーンのコーナー
20140329-DSC_0563-2.jpg

20140329-P3290032-2.jpg
状況を一生懸命説明するK氏の姿が印象的でした

20140329-DSC_0537-2.jpg
署名も驚く程沢山集まりました。
20140329-DSC_0542-2.jpg
大勢の方が私たちと同じように樹木がなくなってしまったことを憂いていました。

朝方は三分咲き程度だった桜が夕方頃には5分咲きくらいまで開花してきました。
来週には満開が少し過ぎてしまうかも知れませんがそれでもチラチラ散りゆくさくらもオツなもの。
大勢の見物客が恩田川訪れるのは間違いないと思います。

スポンサーサイト
この記事のURL | 自然探訪 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
特別企画:「恩田川なんでも写真展」
- 2014/03/27(Thu) -
町田さくら祭り 2014 特別企画:「恩田川なんでも写真展」
恒例の町田桜まつりが下記の要領で開催されるのはご存知の方も多いと思いますが、
今年は屋外写真展の企画が急遽決まりました。

2014年3月29日((土)、30日(日) 4月5日((土))、6日(日) 10:00~16:00
会場:弁天橋公園・市立総合体育館・芹が谷公園

特別企画:「恩田川なんでも写真展」
場所:弁天橋公園
20140321-DSC_0451-2.jpg
このフェンスに多数の写真が並ぶ予定です

町田市観光産業課 及び 成瀬商友会 様のご協力によって企画が進行しました。

写真展の趣旨:
町田さくら祭りは地域の方が大変多く恩田川を訪れますのでこの機会に恩田川の自然を日頃撮影した写真を通して更に知っていただき恩田川を散策する人や周辺地域の人々とのふれあいの一助になることを目指しています。

作品:恩田川及び周辺で撮影した写真(野鳥、花、風景、人物などなんでも・・・)

展示場所:弁天橋公園とその前の遊歩道との境に金網のフェンスに写真を額に入れて
フックで吊り下げます。(取り付け取り外しが簡単なように)

サイズ:A4 (タイトル  撮影場所  撮影日  撮影者)

管理:展示、撤去、展示中の管理等全て自主管理

雨天中止

当日の予定
作品展示 :3月29日(土)朝7時半~9時頃までに展示作業

集合写真 :作品が展示が完了次第 9時頃を目安に
      出品されない方もご参加下さい

打ち上げ :3月29日(土) 13時頃から 弁天橋公園
      雨天の場合は変更を検討


この記事のURL | その他 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
ハル君に彼女が~!!  2014年3月21日
- 2014/03/21(Fri) -
19日にあんなことがあったので今日は複雑な気持ちで出かけました。
まず、事故現場を確認してそっとお参りして・・・
それから下流に向かおうとOG橋のところまで自転車をこぎましたが、
ちょっと何かが引っ掛ったのでユータンしてT橋で立ち止まって辺りを見渡しましたが気配がなかったので
上流に向かいました。テニスコトーのところまで来ると雄のジョウビタキがいました。
二週間前に沢山撮らせてくれたあのジョウビです。
カメラを出して準備していると下流から一羽が上流へ飛んで行きました。
ジョウビにサヨナラして直ぐに追いかけました。S橋、U橋、Sak橋と次々に通過しましが見つかりません。
Pinkまで来た時下流から飛んできた一羽が目の前を通過して行きました。どこかでやり過ごしてしまったらしい。
今度は、見えるところに止まってくれました。
雌です。雌がSanzの方からここまで上がってきたのです。嬉しくなってしまいました。
そして、その後、また上流に飛んで行ってしまいInani橋まで追いかけましたが見つけることができませんでした。
Uターンして下流へ。T橋まで戻って来るとコリー犬カメラマンがカメラを構えていました。
向かいの桜の枝に一羽が止まっていました。よく見るとハルくんです。
数分撮影していると甲高鳴き声が下流から近づいて来ました。
そして、ハルくんの止まっている桜の木の隣の木に一瞬とまって直ぐに飛び込みました。
20140321-DSC_0701-2.jpg

20140321-DSC_0702-2.jpg

20140321-DSC_0703-2.jpg

20140321-DSC_0753-2.jpg
雌です。恐らくさっき上流で見失ったカワセミに違いありません。
天くんが亡くなって、その後に出会った雌カワセミ。なんとなく「天子」と呼んでやりたくなりました。
その後、二羽は暫く一緒にKshi橋とT橋の間を行き来したりM池に行ったりして
行動をともにしていました。
20140321-DSC_0776-2.jpg
ハルくん頑張って~
20140321-DSC_0784-2.jpg

20140321-DSC_0884-2.jpg
これは恋している目だ~!!

20140321-DSC_0883-2.jpg
キョトン~

20140321-DSC_0903-2.jpg

20140321-DSC_0869-2.jpg
嬉しくて飛び回っているいるようでした~

20140321-DSC_0904-2.jpg
M池のシンボルのような木です。

20140321-DSC_0964-2.jpg

このままハルくんと天子が上手く行ってくれることを期待して!次に会うのが楽しみです!!

この記事のURL | カワセミ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
天くん安らかに!!    2014年3月19日(水)
- 2014/03/19(Wed) -
カワセミ「天くん安らかに!!」
皆さん、驚かないで聞いて下さい。

まず初めに、この事件をここに掲載するか迷いました。
しかし、私たちを癒し遊んでくれた天ちゃんですからその最後がどうだったのか知りたい方も多いのではと
思い掲載させて頂くことにしました。大変リアルで衝撃的な写真になりますことを最初にお断りしておきます。
そのつもりでご覧下さい。

今日は朝方二時間の予定で川に行きました。
川は何時もと様子がちがいました。低空を猛スピードで通過するカワセミを三度見ましたが枝に止まっているのは一度も見ませんでした。一度目は一羽が上流に飛んで行きました、二度目は二羽だったと思いますが下流へ飛んで行きました。そして、三度目はK橋のところでしたが上流に向かって飛んで行ったのでT橋まで追いかけましたがやはり枝に止まる事なく上流へ行ってしまったので引き返して下流探索に向かうためにまたK橋を過ぎたところまで来ると下流の方からF氏が上がってきました。
すれ違い様に、小声で天ちゃんが死んでた。エッ!何処で?Ben橋を過ぎた下流に向かって右側の道標の上に。。。       直ぐに駆けつけると、残念ながら本当でした。
20140319-DSC_0656-2.jpg
正直、少し動転していて余り辺りを観察できませんでしたが争った形跡もなくそっと道標の上に横たわっていました。誰かが道路に横たわっていたのをその上に置いてくれたのか?或いは勢いよく何かに衝突して偶然その上にポトリと落ちたのかは分りません。
20140319-DSC_0647-4.jpg

放置すればカラスやネコがいたずらするのは間違いないのでそっと包むように抱えると硬直は始まって
いましたが何とまだかすかに温かみがありました。
20140319-DSC_0651-2.jpg
何か穴を掘れるものがないか探して回りましたが大したものは見つかりませんでした。
猫とかが掘り出さないようにできるだけ深くと思いながらも道具がなかったので可能な範囲で埋めてあげました。
20140319-DSC_0665-2.jpg
大変悲しかったです。
20140319-DSC_0666-2.jpg
幸か不幸か私一人でしたが埋葬させていただきました。(だれにも見られませんでした)
20140319-DSC_0668-2.jpg
天くん!!「僕たちを癒し遊んでくれてありがとう!」と祈りました。

私はカワセミ撮影を始めてボーズは一度もありませんでしたが・・・
今日が始めてのボーズ日となってしまいました。

楽しませてくれた過ぎし日思い出すととても悲しくなります。

天くんは天くんらしくB公園の真ん前で最期を迎えました。

この記事のURL | カワセミ | CM(3) | TB(0) | ▲ top
今年初対面の野鳥たち 
- 2014/03/18(Tue) -
カワセミに夢中になっているとつい見過ごしがちになりますが川には様々な野鳥がいます。
今年になってから撮影できた綺麗で可愛い野鳥たちを紹介したいと思います。

ジョウビタキの雌です。1月に上流の鉄橋下で出会いました。
20140101-DSC_3095-2.jpg

20140101-DSC_3121-2.jpg

20140101-DSC_3127-2.jpg

ジョウビタキの雄、今年初対面です。
20140316-DSC_9117-2.jpg
中流域のテニスコート前。ここは鬱蒼と茂っていた木々が伐採されてしまったので
隠れても直ぐに見つかってしまいかわいそうです。こちらはお陰で思う存分撮影できましたが。
それにしても、この伐採は度が過ぎていると思います。
撮影:3月16日

20140316-DSC_9125-2.jpg

20140316-DSC_9121-2.jpg

ツグミです。(雌or雄?)
弁天池公園内で、公園の華表近くをあまり警戒することなくエサ拾いに夢中になっていました。
29130223-DSC_8854-2.jpg
撮影:2月23日
20140223-DSC_8996-2.jpg

20140223-DSC_8875-2.jpg

この記事のURL | カワセミ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
昨日の挽回と思って飛び物リベンジ  2014年3月16日
- 2014/03/16(Sun) -
昨日のピン甘飛び物はやっはり川仲間から不評でした。
それではホバで挽回と思って見ましたが肝心のカワセミ君が中々見つかりません。
見つかっても移動が激しくてホバどころかいいシーンを見せてくれません。
そんな撮影の中から飛び物を集めて見ました。
機材:NIKON D7100 + 328
20140316-DSC_9956-2.jpg

20140316-DSC_9957-2.jpg

20140316-DSC_9314-2.jpg

20140316-DSC_9315-2.jpg

20140316-DSC_9333-2.jpg

20140316-DSC_9363-2.jpg

20140316-DSC_9364-2.jpg
この記事のURL | カワセミ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
久し振りの飛翔とガルウイング  2014年3月15日
- 2014/03/15(Sat) -
昨晩は生憎の雨で心配された天気でしたが朝には雨も上がりだんだん日が射してきました。
気温も先週と比べると大分暖かく過ごしやすくなりました。
川は伐採されてからカワセミ君たち縄張りがすっかり変わってしまって
以前いた雌カワセミを姿を見かけなくなりました。
今日は雄カワセミの天ちゃんとハルくん中心の撮影になりました。

機材:OMD E-M1 + LUMIX 100-300 F4.0-5.6

下流から上流のKyTak橋方向へ飛んでいく天ちゃん
20140315-P3150582-2.jpg

追いかけるとKTak橋の欄干に止まっていましたが間もなく飛び込みまた。
20140315-P3150598-2.jpg
そして、橋の下に潜り込んで行くところを狙い撮影しました。
全体的ピントが甘いけれど今日なこんなところで我慢してください。
20140315-P3150599-2.jpg

20140315-P3150600-2.jpg

20140315-P3150601-2.jpg

20140315-P3150602-2.jpg

20140315-P3150603-2.jpg

20140315-P3150604-2.jpg

20140315-P3150605-2.jpg

20140315-P3150606-2.jpg

20140315-P3150607-2.jpg

おまけは止まりもの
20140315-P3150022-2.jpg

20140315-P3150805-2.jpg

20140315-P3150255-2.jpg

途中、梅の花と青空のコントラストが綺麗でした。
20140315-P3150644-2.jpg
この記事のURL | カワセミ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
久し振りのカワセミ   2014年3月8日-9日
- 2014/03/08(Sat) -
先月は大雪と雨でカワセミ撮影ができない日が続いてしまいました。
たった二週間ですが長いあいだカワセミの顔を見ていないような気がします。
やはり、気がかりはK橋周辺が伐採によって環境が変わってしまったことです。
カワセミたちにとって安住の場所がなくなってしまいました。
果たしてカワセミ君はいるのか?

そんな心配を抱きながら川へ乗り出しました。
T橋から下流に向かって行こうとした時、一羽が猛スピードで川沿いを
上流を目掛けて飛んで行きました。追いかけましたが見つけることはできませんでした。

また、向きを反転させて下流のN川を目指しました。
途中いつもなら一二羽は見かけるのですが今日は一羽も見ませんでした。

N川に着くと既にIshi姫とM姫がカメラを構えて撮影中でした。
いやー!久しぶりー!!二人共朝の清々しい空気のような笑顔で迎えてくれました。

機材も久し振りにオリンパを持ち出しました。:OMD E-M1 + LUMIX 100-300 F4.0-5.6

N川での一コマ
20140308-P3080460-2.jpg

20140308-P3080461-2.jpg

20140308-P3080519-2.jpg


20140308-P3080411-2.jpg

9日(日)はMFを中心に探索しました。
ホバも二回ありました。一回は2~3メートルの目と鼻の先で・・・
生憎、カメラを構えていなかったのでどうしようもありませんでした。
もう一回は、カメラにバッチリ納めたつもりが背景の大きな石に引っ張られて肝心の
カワセミはイマイチでした。と言う訳で今回はEM-1にようる解像写真を掲載します。
20140309-P3090355-2.jpg

20140309-P3090123-2.jpg


この記事のURL | カワセミ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
河川管理課へその後の対策案を確認 2014年3月7日(金) 
- 2014/03/07(Fri) -
あれから10日、三度、東京都南多摩東部建設事務所( 042-720-8628)へ電話しました。
先日の電話で工藤様が工事部と今後の対応策について相談した上で進展があったら
連絡をいただけるとのことでしたので、その後の状況を確認するために電話しました。

私が電話した後も、カワセミ関係の方から電話とメールで問い合わせがあったそうです。

その方たちにも説明したそうですが河川を復元するために植樹することは出来ない。
春になれば伐採した樹木の根から新芽も育ってきますので様子を見ていただけないか。
今後、伐採する時にはカワセミ愛好家の方々のご意見も聞きながら進めるので理解いただきたいと
申し上げたそうです。

私が今日申し上げたのは、「東京都南多摩東部建設事務所の事業目的」に照らし合わせて
考えても伐採した後に植樹をすることは世間体からしても植樹し難いことは理解できるが、
しかし、カワセミの立場では「これから繁殖期を向かえて子育てという一番大事な時期に生活の場を失って
しまったわけだから大惨事に遭遇してしまった、何とかして欲しい!!」という気持ではないかと
思います。
そこで一案ですが、河川敷の土砂で形成されたところにカワセミが身を隠すことが出来るような物を置くのは如何でしょうか?
そのような物を具体的に提案頂ければ前向きに検討すると言ってくれました。

皆さん!!何かアイディアありませんか?
例)
1.人工の観葉植物
2.丸太棒で出来たジャングルジム+葦で出来たすだれ(人工的過ぎるのは承知の上で・・)




この記事のURL | カワセミ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。