2015 01 ≪  02月 12345678910111213141516171819202122232425262728  ≫ 2015 03
がっかり記念日    2015年2月11日(木)祝日
- 2015/02/17(Tue) -
建国記念日が「がっかり記念日に!!」

先週の土曜日に行った公園にはルリビタキにジョウビタキ、ヤマガラにシュジュウカラなど
たくさんの野鳥がいて私たちを初め大勢のカメラマンが一緒になって楽しい時間を過ごすことが出来ました。

余りに楽しかったので写友さんと近いうちにもう一度行こうよ!!と話は決まり
今日の建国記念日を楽しみにしていました。
それが、がっかり記念日になろうとは!!

早朝の公園は人気も殆どなく気持ちの良い冷気に包まれていました。
20150211-P2110584.jpg

古民家に着き、裏庭に回るとその空気は一変しました。
五六人のカメラマンが三脚を据えて撮影中でした。最初は何をしているのか咄嗟には分かりませんでした。
何かのロケ?撮影会?レンズの先を見ると大きな庭岩の上に背丈50~60センチ位の綺麗な花をつけた梅がありました。
その花を目掛けてルリビタキが奥の茂みから舞い降りて来ました。
20150211-P2110228-2.jpg

私のお目当てもルリビタキ。
これは、絵になると思い彼らグループから少し離れたところに陣取りレンズをルリビタキに向けました。
20150211-P2110437-2.jpg

20150211-P2110437-3.jpg
グループの一人がプラスチックの容器が何やら小さいものを梅の枝に付けていました。
ルリビタキが目掛けていたのは花ではなく虫でした。
なるほど~!!読めました。

しかし、カメラマン根性の性で綺麗なもの格好の良い絵図らには目がなくついつい
私もレンズをそちらに向けてしまいました。
撮影中、カメラのディスプレイにはこの写真のように虫が見えなかったので綺麗で
格好いいと思っていました。

シジュウカラも虫が大好物のようです。
20150211-P2110377.jpg

20150211-P2110377-2.jpg

途中何度か白い目で見られたり、うっかり梅の木に近寄ってしまった時など「近寄らないで!」とお叱りを
頂きながらそれでも一羽しかいないルリビタキを撮りたくて今にも破裂しそうな気持ちを抑えながら撮影して
いました。
私は無言の圧迫を感じながら撮影していましたので先週のような清清しい気分には
一度もなれませんでした。

カメラのモニターで見ると梅の花を目掛けて舞い降りるルリビタキやジョウビタキにシジュウカラ、
どれもめったに撮れない絵図らばかりで格好の良い写真がたくさん撮れました。

ジョウビタキは愛くるしい目の割には食欲旺盛で虫が釘に差仕込まれる度に何度も舞い降りては
来ました。その度にシャッターの連射が静けさの中で響き渡っていました。
20150211-P2110460-2.jpg

20150211-P2110475-3.jpg

20150211-P2110474-4.jpg

虫を付け替えるとまた茂みから直ぐに舞い降りてきました。
20150211-P2110471-4.jpg

20150211-P2110558-2.jpg

20150211-P2110499-4.jpg

それでも「やったー!」という気分になれないまま帰途につきました。

その晩、家でパソコンに取り込み撮影した写真を見た時に「これは何だ~!!」「梅の枝に虫・虫・虫」
全ての写真に虫がニョロ!ニョロ!ニョロ!と写っていました。

こんなもの「どこにも出せやしない!お蔵だ~お蔵行きだ~!!」と半ば諦めていましたが、
写友さんが僕の気持ちを際してくれて誘い水をしてくれました。
お陰でお蔵に行き掛けた写真がここにお目見えしたと言うわけです。

撮影スタイルは人それぞれ、やらせ写真がお好きな向きいれば自然体が好きな人もいる
だから今日のやらせ撮影を全て否定する資格もないしするつもりもないが
いずれの撮影スタイルを貫くにしても周囲に迷惑をかけないようにしなくてならないと思う。
例えば、きょうの場合なら私が行ったときにはやらせカメラマングループの
他に誰もいなかった。この状態なら誰にも迷惑をかけていないから彼らの撮影スタイルは
問題にならない。しかし、ひとたび、他の人が来るようになったらそろそろ終わろうかと
おもむろにやらせを中止して一般の人に迷惑にならないようなスタイルにするのが常識では
ないだろうか。私よりも先輩方のようなに見受けした。

お陰で私のネイチャー写真を見る目が変わった。



この記事のURL | 自然探訪 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
冬場の薬師池散歩録 その2 2015年2月7日  
- 2015/02/08(Sun) -
紅葉も桜もないこの時期に薬師池に行くことなどまず考えませんでしたが
行ってみなければ分からないですねー、こんなに沢山の野鳥がいるとは
想像していませんでした。


先ずは、本命のルリビタキから・・・
20150207-P2071953-2.jpg

20150207-P2071866-2.jpg

20150207-P2072059-2.jpg
ルリビタキの色合いは最高ですねー!!ファンが多いはずです。
私は初撮りかも知れません。

どこにでもいるシジュウカラですがすばしこいのでなかなか撮れません。
せせらぎに水を求めて降りてきました。
20150207-P2071369.jpg
柵の杭にパン屑を置いたら食べにきました。
20150207-P2071407.jpg

続いてヒヨドリも。。。
こうして見るとヒヨちゃんもなかなか可愛いです。
20150207-P2072010.jpg

20150207-P2072002.jpg

お次はヤマガラです。
子供の頃、田舎で祖父が軒下にメジロとヤマガラを飼っていた
ことがありましたが巣箱の中で枝渡り空中大回転などいろいろな芸を見せてくれて
賢く人懐こかったことを思い出しました。
20150207-P2071383-2.jpg

20150207-P2071716.jpg

20150207-P2071655.jpg

20150207-P2070534-2.jpg

まさか!ヤマガラが〜
20150207-P2070576-2.jpg
写友さんの手のひらに置いたパン屑を食べにきました。
20150207-P2070581-2.jpg

20150207-P2070584-2.jpg

交代して私の手の平にもパン屑を置いてみると同じように食べにきました。
20150207-IMG_9513-2.jpg
私の指に爪を絡ませて止まった感触がムズムズ感じられました。
そっと顔を見ると一瞬目が合って飛んで行きました。
20150207-IMG_9514-2.jpg

さらばじゃ〜!!

今日の撮影をお膳立てしてくれた写友さんに感謝です。。。

ご覧いただきありがとうございました。
また次回も宜しくお願いします。
この記事のURL | 自然探訪 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
冬場の薬師池 その1 2015年2月7日(土)
- 2015/02/07(Sat) -
昨年の11月に紅葉カワセミの撮影で行った以来となる薬師池。
その撮影の時に間もなく池の清掃のために水が抜かれて暫くは撮影もできなくなるのではと
聞いていましたが池の水は当時と変わらないくらいありました。
水が保たれていればカワセミも安泰なはず。。。

早速、ハンサムなカワセミ君がお出迎えしてくれました。
20150207-P2070765.jpg

20150207-P2070785.jpg

20150207-P2070786.jpg

20150207-P2070837.jpg

ジョウビタキ(♀)もクリクリした愛らしい瞳でお出迎えです。
20150207-P2070922-2.jpg

20150207-P2071025-2.jpg

薬師池は野鳥の宝庫です。
この後、ヤマガラにルリビタキなど次々にお出迎えしてくれました。

ご覧いただきありがとうございました。
次回、様々野鳥を頑張ってアップします。
この記事のURL | 自然探訪 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |