2015 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2015 07
天気がイマイチの中ヤマセミ撮影決行  2015年6月14日
- 2015/06/22(Mon) -
朝五時出かける支度をしていると雨がポツポツと降ってきてしまいました。ちょうどその時
Kさんからメールが入り「この雨は9時には上がる模様どうしますか?」うずうずしている様子!
車に荷物を積みながら「行くだけ行ってみましょう」遠征にしては遅めの朝5時半に待ち合わせして出発。

高速を降りて目的地に向かうも雨は降ったり止んだりで期待を持たせたりダメかなーと思ったりで
途中トイレ休憩をとりながら現地に着きました。
雨は相変わらずしぶしぶと降っていたので少し様子を見てから第一ポイントに迷彩ネットを設営しました。
それが、かなり苦労してネットを張るだけで小一時間もかかってしまいました。
結局、ここは一時間くらいで第二ポイントに場所移動。

そして待つこと二時間くらい。
ヤマちゃんは私がトイレに行っている隙に飛来して中之島の石の上で止まったようです。

ありがたいことに私のカメラのシャッターをKさんが切ってくれていました。
20150614-DSC_7413.jpg
やはり腕前がうちがいます。

トイレから戻って、待つこと20分,午前中には考えらなかった光景が目の前で繰り広げられ
みんなウハウハ状態。

20150614-DSC_7551.jpg

20150614-DSC_7612.jpg

水際の飛翔シーンを狙いましたが減水で絵になりません。
20150614-DSC_7877-2.jpg

20150614-DSC_7878-2.jpg

20150614-DSC_7880-2.jpg

20150614-20150614-DSC_7881.jpg

20150614-DSC_7820.jpg

20150614-DSC_7821.jpg

20150614-DSC_7823.jpg

20150614-DSC_7850.jpg

20150614-DSC_7851.jpg

20150614-DSC_7852.jpg


20150614-DSC_7891.jpg

20150614-DSC_7892.jpg

週末の予定が詰まっていて次回いついけるか分かりませんが雨が降って増水した頃が狙い目だと
思っています。






この記事のURL | 自然探訪 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
ヤマセミ撮影、何でも新しいものはワクワクする!! 2015年6月7日
- 2015/06/09(Tue) -
今日は以前からアオバト撮影に行く予定にしていましたが、昨日のこともあり
急遽ヤマセミ撮影に切り替え、三時起きして昨日の場所に向かいました、

やはり、新しいものはワクワクする!!おかげで昨晩は熟睡できなかった。

第一ポイントに5時過ぎに着き、早速、機材を抱えて川に向かって下りて行きポイントに近づくと
100メートル近くはあると思われる対岸から一羽のヤマセミが上流に向かって
飛んで行ってしまいました。
教訓1:早朝は特に静かにポイントに入るべし、距離があっても油断は禁物。
教訓2:暗いうちにブランインドを張ってヤマセミに気がつかれないようにすること。
やはり、ヤマセミは人間の気配に敏感。

気持ちを切り替えて機材を据え付けて暫くすると、上流に飛んで行ったヤマセミが
戻ってきて電線に止まりました。
20150607-DSC_5863.jpg
まだ、朝露雨が電線に滴っています。
20150607-DSC_6063.jpg

20150607-DSC_5881.jpg
キョロキョロしています。
20150607-DSC_5898.jpg
様々な仕草が可愛いです!!
20150607-DSC_6034.jpg

20150607-DSC_6035.jpg

20150607-DSC_6036.jpg

20150607-DSC_6184.jpg
こちらは、飛びつき よいしょ!
20150607-DSC_6203.jpg

20150607-DSC_6249.jpg

20150607-DSC_6250-2.jpg

二羽が飛来して構えている方向とは違う枯れ枝に止まり、慌ててレンズをそちらに向けたが間に合わなかった。
惜しいタイミングを逃してしまったが、昨日今日の観察でどこのポイントが好みか読めてきたので
次はもう少し増しな撮影が出来ることと思います。

教訓3:袖すり合うも多少の縁
出会った人には積極的に話しかけ情報を仕入れる。

今日の機材:80〜400x1.4+D7200
やはり、600ミリの機材が羨ましい。

教訓4:最初に買ったレンズは手放さない。
BORG 77ED2があれば威力を発揮したのに残念


この記事のURL | 自然探訪 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ただの探索のつもりが!ヤマセミに初対面 2015年6月6日
- 2015/06/06(Sat) -
今年の撮影テーマの一つとして「ヤマセミ」を課題にしてました。しかし、自分にとっては遠い存在で幻の鳥のように思っていました、

2週間前、M池で川仲間で刺身パーティーをした時、仲間の一人
ヤマセミおじさんが「大変素晴らしいヤマセミの写真を
目の前でちらつかせて、ニヤリ!」

それで私の探索心に火がつき何とか探索したいと思うようになりました。

週初めの天気予報では土曜日は雨でお出かけには不向きな感じでしたが近ずくにつれて
出かけられそうな天気予報に変わってきました。金曜日の夜から土曜日の朝方までは比較的強い
雨が降っていましたが未明には上がり明るくなるのを待って7時過ぎに出発しました。
普段のパターンからすると随分と遅い出勤でした。

目的地に着いて三時間が過ぎ腹も減ってきたので昼飯を取ることにしました。
どうせなら、いそうなポイントで偵察をしながら食べよと思い車を走らせそれらしき場所に
止め川に向かって下りて行きました。
見晴らしの良いカーブのところに持ってきた携帯用の椅子を置きおにぎりを持った時
何かが鳴きながら飛んでくる気配がしました。
20150606-P6060041.jpg
まさか!鳴き声の方を見ると
見上げると電線に!止まっていました、正直自分の目を擦りました。
正真正銘のヤマセミです。
しかし、まさか探索初日に出会うとは思っていなかったのでカメラは最大150ミリのものしか用意していませんでした。
私としたことが大失敗。でも、今日は予行演習、取り敢えず証拠写真だけでもと思い何枚か撮ったもの掲載します。
20150606-P6060113.jpg
いきなり下流方向へとびだしました。
20150606-P6060114.jpg

20150606-P6060115.jpg

20150606-P6060116.jpg

20150606-P6060117.jpg

20150606-P6060118.jpg
下流に車を走らせ適当なところに車を止めて川に降りて行きました。
しばらくすると二羽のヤマセミが目の前を上流に向かって飛んで行きました。
20150606-P6060182.jpg
飛び立った辺りを双眼鏡で追っていくとこんな穴がありました、

ヤマセミを見つけられなかったら
早めに上がって鮎釣りでもと思っていたのでそちらの道具はバッチリトランクに積んであったのでした。
トホホ!
しかし、記録に残る一日になりました。






この記事のURL | 自然探訪 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |