2015 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2015 08
小さな神社がアオバズクで大盛況  2015年7月26日
- 2015/07/29(Wed) -
暑さを避けて蓮カワセミから一転して「アオバズク」撮影に・・・・。
平塚の住宅街にある小さな神社に出向きました。

本当に小さな神社で特別なことでもない限り誰も見向きもしないような
寂れた神社でしたが行くと大勢のカメラマンが皆一様にカメラを上に向けていました。
お顔を拝見すると半分くらいは成瀬の公園でツミの撮影の時にお会いしている
方々でした。軽く皆さんに挨拶して我々も同じようにカメラを構えました。

駐車場がなかったので三人ずつ交代のつもりでしたが境内にいた一人が近くのスーパーがあって
そこに皆さん駐車していること教えてくれて大変助かりました。ご親切にありがとうございます。

肝心の撮影の方は、木の枝に邪魔されて中々いいーシーンが撮れません。
そんな状況を見かねてかこのポイントは抜けてますよ私は上がりますから
どうぞお使い下さいと言ってその場所を譲ってくれたご婦人カメラマンがいました。
「ありがとうございます」まるで蓮の上の神様のように思えました。

そこは小さいな覗き窓のようなポイントでしたが我々は「蓮」はす=「れん」のように連なり撮影することが出来ました。
アオバズク1

そして、その方のお陰で巣立ち間もないアオバズクの子供を撮影することが出来ました。

まん丸な目をキョロキョロしている滅多に見られないシーンを撮影することが出来ました。
20150726-DSC_1888.jpg

ところで、このアオバズクについては全く無知だったので調べてみました。

アオバズクはフクロウ目フクロウ科に属する猛禽類です。そのせいか、成鳥アオバズクの目つきは鋭いです。
頭はのぺら棒でまん丸でかわいいですね。胴体はシマシマ模様です。

和  名 青葉木菟(アオバズク)
学  名 Ninox scutulata (L29cm)

アオバズクは夏鳥で、そろそろ梅雨になるかな〜という時期にやってきて、梅雨が明ける頃にヒナが孵ることが多い
ようです。名前の「アオバ」は、「青葉が茂る時期にやってくる」という意味なのでしょうか。ちなみに、「ズク」は漢字で「木菟」と書き、フクロウ類の総称を指します。
20150726-DSC_1815.jpg

20150726-DSC_1825.jpg

アオバズクは神社などに昔からある大木によく巣を作るようです。夜行性のため、昼間はおとなしくて木の上でジッとしている(半分寝てる?)ことが多いのですが、夕方から夜になると一変して活動的になり、 「ホゥホゥ、ホゥホゥ、ホゥホゥ・・・」と連続して一分間ぐらい鳴きます。
夜に活動するため夜鳴いていた場所に昼もいるとは限らないようです。
私の田舎の神社やからもよく泣き声が聞こえて来ましたが見たことはありませんでした。
20150726-DSC_1835.jpg

アオバズクは雌雄同色なので、オスとメスの見分けがなかなか難しいのですが、オスはクチバシの両サイドが白くなることが多いです。
20150726-DSC_1920.jpg
こちらが親ですが♂♀はやっぱり良く分かりません。

一通りアオバズクについて勉強させてもらいましたので自宅の近くでいそうな
ところを探索してみたいと思います。

最後に今日の撮影のアレンジをしていただいたKEさんには感謝!感謝!です。
ありがとうございました。

この記事のURL | アオバズク | CM(0) | TB(0) | ▲ top
蓮カワセミ  2015年7月26日
- 2015/07/27(Mon) -
今日は予てより撮りたいと思っていたハスカワセミ(蓮+カワセミ)の撮影日。
朝五時半、成瀬駅に集合。

蓮を知らない人はいないと思いますが、私はこんなにまじまじと蓮を見たのは初めてのような気がします。

私はこの綺麗な蓮に魅了されて暫く蓮撮影に時間を割きましたました。
20150726-DSC_1650-2.jpg

20150726-DSC_1620-2.jpg

子供の頃、故郷には川の蛇行によってできた大きな池がありました。
そこに、蓮が咲いていたのを記憶しています。
しかし、今思えば蓮ではなく睡蓮でした。

20150726-DSC_1629-2.jpg

私のように蓮と睡蓮を混同されている方が多いようです。

この際、少々調べてみました。やはりネットでも間違えて呼んでいる人が多いと書いてありました。
まずはこの「睡蓮」ですが、「水蓮」ではありません。この「睡蓮」にもちゃんと名前の由来があって、花は上記にもあるように開いて閉じてを3回繰り返します。これを人間のサイクルに例えて 日中(開く=目覚める)夜(閉じる=眠る)というところから、「睡眠する蓮」→「睡蓮」なんだそうです。

の由来は…たぶん蓮の蓮根(レンコン)は土の中では枝分かれしながらも一本につながってます。鉢の中でも数メートルにはなります。これが「連なる草」で「蓮」でしょうか?
これはある方の持論のようですので正しい由来をご存知の方は教えてください。
蓮は極楽浄土の花として大切にされてますが、なぜだかわかりますか?理由は蓮の育つ場所に関係があるんです。蓮は沼等比較的汚い泥のようなところに咲いてます。この汚い泥の中からなんとも可憐で清らかな花を咲かせる事が仏教の教えに似ているとこれも誰かの持論かもしれませんがその様に言われているそうです。これも正しいことをご存知の方は教えて下さい。
20150726-DSC_1614-3.jpg
睡蓮と蓮の見分け方
育つ環境はいっしょなので葉っぱや花が決め手になります。
睡蓮も蓮も葉は円形です。でもよく見るとちょっとちがいます。睡蓮は基本的に葉に切り込みが入りますが、蓮には入りません。
20150726-DSC_1646-2.jpg

20150726-20150726-DSC_1640-2.jpg

さて、本命の蓮+カワセミですが二時間の間に二回到来。その内の一回は見事に蓮の花と蕾がファインダーに
入る位置にカワセミがとまってくれました。皆さんその貴重なワンチャンスをものにしていましたが
私はEV補正を前回のままにしていたので悔やまれる結果になりました。
20150726-DSC_1517.jpg

20150726-DSC_1524.jpg

20150726-DSC_1552.jpg

20150726-DSC_1571.jpg

カワセミがもう少し綺麗だったら言うこと無しなんですが~!

暑いとは聞いていたが、遮るものがない直射日光の下で日よけのパラソルを
使っていても、この日は風がなかっため我慢も限界に近かった。

8時半ギブァップ撤収。次のポイントに向かいました。

この記事のURL | 自然探訪 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
K・Kコンビの中距離遠征 ヤマセミ編  2015年7月25日
- 2015/07/25(Sat) -
今日は昔実家があった静岡県島田市の川根に市の会合があって行くことになっていました。
会合は10時から。
方向的にはヤマセミポイントと同じなので大井松田で途中下車すればヤマセミを狙えるかも?
ポイントを7時に上がれば間に合いそうな時間、少し厳しいか?

そんことを考えなが前日、カメラ仲間のKさんと4時に現地集合の約束をして11時に床に着いた。

このところ週末の睡眠時間が二三時間と短く睡眠不足・・・
それでも遊びだと眠くならない。

当日ポイント到着は4時15分、少し前回よりも遅れてしまったが
日が短くなっているためやっと白々とし始めてきたところでむしろ
丁度良いくらいでした。Kさんは東名の降り口を間違えて秦野で下りてしまったので
私よりも10分遅れで到着。

5時までにはテントの設営、機材のセット全て終わらせ
一息ついた頃、下流の方からケッ!ケッ!ケッ!という鳴き声が山に響きながら耳に飛び込んできました。つかさず「来た!」テントの向こうKさんへ合図を送る。
5時08分最初のシャッター 
20150725-DSC_0907-2.jpg
最近は反応が早くなってきたかな?
地上30メートルのお気に入りの枝に止まった。

辺りは煙のように朝靄が立ち込めそれが撮影を邪魔する。
SSは上がらず写真としてはイマイチそれでも動きの変化を逃すまいとシャッターを切った。

Kさんが霞んだレンズの曇り取るために外に出た瞬間を上流へ飛んで行った。
5時12分だった。4分止まったことになる。
アッ!すまんすまんとKさん。チーム撮影ではよくあること!次に期待・・・

そして、5時21分 ケッケッケッ!甲高い鳴き声が再び響いた。「来た〜!」さっきよりも嬉しかった。
20150725-DSC_0972.jpg

20150725-DSC_1000.jpg

20150725-DSC_1007.jpg

20150725-DSC_1042-2.jpg
ケッケッケッ!鳴いている
20150725-DSC_1119.jpg
周りが気になるようです
20150725-DSC_1170.jpg

20150725-DSC_1195.jpg
その瞬間、下流側前方に飛び出したしたので追いきれませんでした
5時43分 22分の長い滞在でした。

そして暫く静寂が・・・

迷彩テントに入っていると様々な小鳥たちが近くまで寄ってきます。
テント前の川岸の砂地に
20150725-DSC_1215.jpg

20150725-DSC_1221.jpg
こちらも囀っています

30分経過したが現れません。

6時28分
そして、三度Kさん『来た!」

20150725-DSC_1264.jpg

20150725-DSC_1327.jpg

20150725-DSC_1326.jpg

20150725-DSC_1268.jpg

20150725-DSC_1370-2.jpg

20150725-DSC_1370-4.jpg
♂のようです
20150725-DSC_1371-2.jpg
6時34分 6分滞在していました
20150725-DSC_1381.jpg
犯人はこれでした。下流から飛んできてお気に入りの場所を占拠されてしまいました

そして、四度、来た〜
20150725-DSC_1390-3.jpg

20150725-DSC_1441.jpg

20150725-DSC_1474-3.jpg

20150725-DSC_1503.jpg

20150725-DSC_1504-2.jpg
6時46分  ♀
20150725-DSC_1505-2.jpg
やはり、6分滞在でした

6時52分
ケッケッケッ!鳴いています。どこにいるのか直ぐに見つけることができませんでしたが、目を凝らすと直前に飛び出した
キノコ枝よりも10メートル位低い高さの茂みに姿を確認できました。しかし、カメラをそこに構える間も無く上流へ
飛んで行ってしまいました。

6時55分 周囲に目配せしながら撤収準備

Kさんの検討を祈りながら7時10分撤収
5時から7時の二時間の間に5回飛来、過去最高の出となりました。
この記事のURL | 自然探訪 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
熊鷹 2015年7月12日
- 2015/07/21(Tue) -
八時半にヤマセミに見切りをつけてターゲットを熊鷹に変更しました。
一応、上流まで一回りして様子を確認した上で、前回下見しておいたポイントに向かいました。
探索済みでしたので容易にその場所に着くことが出来ました。

熊鷹は初物になるので調べてみました
クマタカは、アジアに生息するクマタカ属のうち、唯一温帯まで分布している種であり、
インド南西部・東部、中国南部、タイ、台湾、日本など、アジア南部から東部にかけて生息している。

生息数は、環境省の発表では1800羽程度であるが、実際はこれ以上多いと考えられている。
国のレッドデータブックでは「絶滅危惧1B類」、「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」では「国内希少野生動植物種」に指定されている。

上面は暗灰褐色、下面は淡色で細かい黒斑がある。顔面は黒く目は黄色であり、頭上の羽毛は長く冠羽状になる。体長は70cm~83cm、翌開長138~169cm、体重2~3.5kgであり、雌が雄よりもやや大きい。

非常に稀少でなかなかお目にかかれないらしい熊鷹にいとも簡単に
出会ってしまいました。

20150720-DSC_0511.jpg

20150720-DSC_0512.jpg

20150720-DSC_0513.jpg

20150720-DSC_0514.jpg

20150720-DSC_0526-2.jpg

20150720-DSC_0529.jpg

20150720-DSC_0553.jpg

20150720-DSC_0607.jpg

20150720-DSC_0614.jpg

20150720-DSC_0659.jpg

被写体までの距離が200メートル以上はありそうなので半端な機材では対応が難しいと
普通は考えますが何とお隣の常連さんは100-400のズームレンズでこの日一番とも言える
小動物を鷲掴みにして飛んでいるシーンを捉えていました。


この記事のURL | クマタカ | CM(1) | TB(0) | ▲ top
大磯のアオバト     2015年7月19日
- 2015/07/20(Mon) -
午前4時大磯に到着。

釣り人の朝は早いのが常道、白々とし出した海岸に釣り人の姿だけがチラホホラ。
最近はカメラマンもそれに負けじと早くなっている?
次第に東の空の彼方が赤く染まり出した朝焼けに包まれて行きました。
空はオオロラの様に幻想的で思わず「わー凄い!」
溜息が出るほどでした。

アオバトの撮影準備もそこそこにこの一瞬を逃すまいと夢中で撮影しました。
20150719-P7190451-2.jpg
この幻想的な空間に出会えたことに感謝です。
そして建物の間から眩しい朝日が上がり出しました。
20150719-P7190484-2.jpg

幻想的な空間での一時を堪能してから機材を海岸に運びました。

海岸は台風11号によって打ち上げられた材木や草木が海岸一面に打ち上げられていていました。
余波もまだ結構あり不気味な感じでした。

波打ち際は危険でもあるし後から来る人のことを考えて余り邪魔にならないように
後方の防波堤まで下がったところに陣取り三脚をセットしました。
20150719-P7190521.jpg
この上下二枚が朝一の撮影です。
20150719-P7190606.jpg

20150719-DSC_4610.jpg

20150719-DSC_5302.jpg

20150719-DSC_5303.jpg

20150719-DSC_5304.jpg

20150719-DSC_4624.jpg

20150719-DSC_4930.jpg

20150719-DSC_5105.jpg

20150719-DSC_5294.jpg

20150719-DSC_4256.jpg

20150719-DSC_4365.jpg

アオバト初撮りでしたが天気にも恵まれて良い撮影が出来ました。
大群になって飛ぶシーンは朝方8時までの方が多いようです。

朝焼けと朝日の写真をReal Storiesサイトにまとめましたので
良かったらこちらをご覧下さい。朝焼けの大磯


この記事のURL | アオバト | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大きく成長したツミ   2015年7月18日  
- 2015/07/18(Sat) -
三連休の初日は早朝から10時までの刻限を切って近くの公園にツミを撮影に行きました。
一週間前、母と家内を連れてこの公園に来た時にはまだ巣の中にいたのに
もうこんなに大きくなって巣ではせますぎて屋外で羽を伸ばしていました。

20150718-DSC_4142-2.jpg

20150718-DSC_4090-2.jpg

20150718-DSC_4090-4.jpg
ハートマークがくっきりしてきました
20150718-DSC_4100-2.jpg

20150718-DSC_4106-2.jpg

20150718-DSC_4111-4.jpg

カメラ仲間のブログを見ると公園内の水溜りで水浴びをするツミの綺麗な映りこみがたくさん見られるので
私も今日はその映り込みを狙っていましたがその機会には恵まれませんでした。
次のチャンスに期待しつつ時間が来たので引き上げました。
この記事のURL | ツミ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
丹沢は自然がいっぱい  2015年7月12日
- 2015/07/17(Fri) -
丹沢は成瀬からたったの1時間15分(真夜中の場合)で着いてしまう自然の楽園
20150712-DSC_0062.jpg

静寂の中で様々な鳥たちがさえづり合う
やっと最近になってヤマセミの鳴き声にも敏感に反応できるようになりつつある。
20150712-DSC_9672.jpg

20150712-DSC_9737.jpg

20150712-DSC_9740.jpg

20150712-DSC_9756.jpg

20150712-DSC_0015.jpg

20150712-DSC_0020.jpg

20150712-DSC_0034.jpg

20150712-DSC_9657.jpg

ヤマセミが出てくる時間帯が少し読めてきたような気がします。
今日は所用があるため、この素晴らしい自然に感謝しつつ9時半に引き上げました。


この記事のURL | 自然探訪 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
丹沢のカワセミ  2015年7月12日
- 2015/07/13(Mon) -
深夜の丹沢、街灯が全くない山道は漆黒の闇に包まれいて不気味な感じでした。
明るい状態で覚えていた道は真っ暗だと心細く不安です。

3時半過ぎ、まだ薄暗い中ポイントに着きました。
それでも車止めには少し前に着いたらしく先客さんがトランクから
機材をおろしていました。
挨拶を交わしその方は一足先に下って行きました。

私も昨日のポイントまで下って行くと先客さんも同じところに設営中でした。
そして、私たちが設営中に後から三人が見えて横並びに迷彩テントが5つ並びました。

数日前まで降り続いていた雨のおかげで川は水嵩が増しどこからか流木も
運んで来てくれました。
20150712-DSC_0129-2.jpg
川の水面から30メートルくらいのところにあるヤマセミ君お気に入りの木の枝に気を取られていると
気がついたらいつの間にかその流木にカワセミ君が止まっていました。
20150712-DSC_0147-2.jpg
今日も最初に迎えてくれたのはカワセミ君でした。
20150712-DSC_0157-2.jpg

20150712-DSC_0212-2.jpg

そして、幸運にももう一羽が飛来
20150712-DSC_0101-2.jpg
流木に二羽がそろいました
20150712-DSC_0109-4.jpg
背景は対岸の黒っぽい岩肌です
20150712-DSC_0292-2.jpg

20150712-DSC_0293-2.jpg

20150712-DSC_0294-2.jpg

久し振りにカワセミに集中できました。
いつもとは違う背景に満足です。

この記事のURL | 自然探訪 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
久しぶりに晴天の週末はやりたことてんこ盛り 2015年7月11日
- 2015/07/11(Sat) -
昔は梅雨に入ると幾日も幾日も鬱陶しい日が続きましたが最近は梅雨入りしても数日は
それらしい日が続いてもどちらかというと空梅雨でしたが
今年は例年になく梅雨らしい天気が続いていました。
やっと水曜日頃になって週末に晴れマークが出ていました。

しばらくぶりの週末晴天の予報で何をするか迷いました。
今年は6月に解禁になった鮎釣りにまだ行っていなかったのでこれも計画にいれ入れることにしました。

先ずは一番遠いヤマセミポイントに行って次に河内川で釣りして、2時から3時の間に大磯に
周り最後が地元でツミを狙うことにしました。

カワセミ→ ヤマセミ→鮎釣り→アオバト→ツミ

ヤマセミポイントについてブラインドの設営を終えたのが5時頃でした。
最初に迎えてくれたのは計算外のカワセミ君でした。
20150711-DSC_9241.jpg
まだ少しくらかっのでいISO高めでザラついてしまいました。
20150711-DSC_9238.jpg
ブラインドに入っているとカワセミも警戒心が薄らいで近くに止まってくれました。

私のブランイドを紹介します。
20150101-P1010162.jpg
前方向から。前面は迷彩ネットを後付けしています。
20150101-P1010168.jpg
後ろから(出入り口になります)今日のような暑い日でも通気性抜群でさほど暑くありませんでした。
20150101-P1010142.jpg
内側から。ゆとりで寝転がって待つことができるスペースで。
ちなみにアマゾンで5,500円でした。

ヤマセミが最初に現れたのは5時半でした。
20150711-DSC_9308.jpg
お気に入りの木の枝からいきなりダイブ。
20150711-DSC_9316.jpg

20150711-DSC_9360.jpg
ここに生息するオイカワの仲間、恩田川にいるオイカワを細長くしたような。

そして上がってきたと思ったら魚を咥えていました。
20150711-DSC_9319.jpg

20150711-DSC_9320.jpg

20150711-DSC_9321.jpg

帰り際、テントの後方を見ると横倒しになった木材に隠れるかのように
カワセミ君が再登場
20150711-DSC_9358.jpg

11時に上がって12時に河内川着きました。
ここは昔、何度か鮎釣りをしたポイントですが当然ですが当時と流れが
全く変わっていてポイントが全く分かりません。

今日の予定を消化するために、早々に切り上げて大磯に向かいました。
2時45分到着。
撮影道具一式を担いで海岸に向かいました。
私が行った時にはカメラマンは二人だけでした。
お二方とも話しやすい方でした。
ご覧の通り台風の余波で波が高すぎて朝からアオバトが何羽も波に
飲まられ可哀想な状態とのこと。

波しぶきが激しいので機材は出さずに見ていました。
私がいた間で最高が7羽の群れでした。岩に舞い降りて水を飲もうとしていると
大きな波が覆いかぶさるように打ち付けつ。ヤマバトは意外に動作が鈍い。

ここも一時間で切り上げ4時に成瀬に着きました。
昔本屋だった駐車場に車を入れて公園にいきました。
Yさん、IGさん、FKさんがいました。

ちょうど親が留守している時で5時まで粘りましたがタイムリミットととり
引き上げました。

内容はともかく予定した全行程を一日で消化できて満足!!











この記事のURL | 自然探訪 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
近くの公園にツミの雛が誕生  2015年7月5日
- 2015/07/05(Sun) -
発達した梅雨全線によって昨晩から降り続いていた雨がようやく昼近くになって
小休止しました。午後2時から所用があったのでそれまでの2時間程の撮影に出かけました。
公園には7〜8人のカメラマンが三脚を据えて構えていましたが半数以上が知らない方でした。
それでもYさん、そしてkさんがいたのですぐに仲間に入れてもらえて撮影することができました。
20150705-DSC_8632.jpg

20150705-DSC_8653.jpg
時折、親鳥(♀)が給餌にやってきます。
20150705-DSC_8828.jpg

20150705-DSC_8830.jpg

20150705-DSC_8860-2.jpg

雛は五羽でした!!



この記事のURL | ツミ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |