2015 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2015 09
清流を翔ぶヤマセミ!!  2015年8月22日
- 2015/08/26(Wed) -
このポイントは見下ろす感じになるので飛翔シーンも比較的撮りやすいです。
清流を翔ぶヤマセミ!!
20150822-DSC_6998.jpg

20150822-DSC_6999.jpg

20150822-DSC_7002.jpg

20150822-DSC_7004.jpg

20150822-DSC_7003-2.jpg

もう少し白飛びしないように撮れるようにしないといけません。反省!

本日の機材:AF-S 300mm f/2.8G ED VR II+TC-2.0EⅡ+NIKON D7200
この記事のURL | ヤマセミ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
飛翔するヤマセミカップル  2015年8月22日
- 2015/08/25(Tue) -
ブレボケですが二羽のヤマセミが近距離で飛び出し飛翔する姿は珍しかったので
自分の記録として掲載します。
20150822-DSC_6679.jpg

20150822-DSC_6723.jpg

20150822-DSC_6724.jpg

20150822-DSC_6725.jpg

20150822-DSC_6726.jpg

20150822-DSC_6731.jpg

20150822-DSC_6736.jpg

20150822-DSC_6741-2.jpg

本日の機材:AF-S 300mm f/2.8G ED VR II+TC-2.0EⅡ+NIKON D7200
この記事のURL | 自然探訪 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
久し振りに下流ポイントへ! ヤマセミ 2015年8月23日
- 2015/08/24(Mon) -
昨日はダブルヘッダーどころかトリプルヘッダーでしたので流石に疲れていましたが、
懲りずに2時に起きて例の場所に向かいました。
途中、道が濡れているところがあったりで雨を心配しながら走行。
4時少し前に最上流に到着、既に常連さんがいらしたのでUターンして最近通っているポイントに行くも
真っ暗な中、ポイントの方向を見るとライトが幾つか点灯していましたので急遽下流のポイントに移動しました。

そこは、別天地!全く一人!場所は選び放題どこに陣取るか迷いましたが山の稜線のような所にテントを張りました。

風がテント中を後ろから前へ流れて自然のクーラー気分で爽快でした。

朝の太陽は下流側の山の頂きあたりから上がって来ます。
20150823-DSC_8137-2.jpg
下流の流木に止まったら逆行の中で羽が透けるようなイメージで構えていました。
そこに登場したのはカワセミくんでした。
EV-0.7
20150823-DSC_8157-2.jpg
顔がくっきりするようにプラスに補正して見ましたが・・・
EV+1.0

20150823-DSC_8215-2.jpg
暫くしてからヤマちゃん登場
今までに撮った事がなかった角度で撮影できました。
20150823-DSC_8201-2.jpg
来月になるとこのポイントは確実に秋の景観が期待できます。
20150823-DSC_8204-2.jpg

誰もいない、独占状態でしたのでテレコンもはずして近寄ってみました。

機材:AF-S 300mm f/2.8G ED VR II + D7200

月末近くでだんだん忙しくなってきました。
この記事も手抜きで一部シーンのみの掲載になってしまいます。
この記事のURL | ヤマセミ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
清流に似合うヤマセミ!  2015年8月22日
- 2015/08/24(Mon) -
二三日前に久し振りにまとまった雨が降ったので減水気味だった川が増水していることを
期待していましたが、むしろ更に減水そして白波が立っていた岩場も穏やかな水流になっていました。
ガッカリ!今日はカメラマンも予想外に多かったのでいつものポイントは遠慮して
別の角度からの撮影を試みてみました。

20150822-DSC_7130-2.jpg

20150822-DSC_7128-2.jpg

20150822-DSC_7129-2.jpg

それなりに沢山撮らせてもらいましたが、その中から渓流ならではの水の綺麗さに
引かれたのでこの写真を選びました。
時間がないため手抜きです~

撮影機材:AF-S 300mm f/2.8G ED VR II+TC-17EⅡ+NIKON D7200
この記事のURL | ヤマセミ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大変失礼!! カワセミ幼鳥 2015年8月22日
- 2015/08/22(Sat) -
恩田川のカワセミの記事を書くのは久し振りです。
自分でも記憶がはっきりしなかったので遡ってみたら実に1月27日に
1月分の恩田川のカワセミのまとめをアップして以来何と7ヶ月ぶりでした。
これは私が他に現を抜かしていたことだけが原因ではありません。
春先から恩田川にカワセミが激減したために恩田川のカメラマンは
私をはじめそれぞれがツミやら他の野鳥を追いかけざる終えない状況で
半年あまりが過ぎてしまったことになります。
私の家の近くの方は恩田川でジョギングを日課にしていますが
先日、立ち話の中で恩田川からカメラマンが消えたようだけど何かあったんですか?
と聞かれました。恐らく、恩田川で犬の散歩やラジオ体操をされている方など
皆さん同じように思っているのではないかと思います。

しかし、安心してください。
恩田川にカワセミが戻ってきました。

久し振りに掲載するカワセミブログの記事にしては
大変失礼かとは思いますが余りにも立派な糞射でしたので・・・!
20150822-DSC_7569.jpg

他にも沢山撮らせてくれましたのでボチボチと紹介させていただきます。

本日の機材:AF-S NIKKOR 300mm F4E PF + TC-1.4EⅡ+NIKON D7200

早朝、ヤマセミ 昼中買い物 二時過ぎからカワセミで流石に疲れました~
この記事のURL | 自然探訪 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
渓流のヤマセミ 朝食は釣り師の心と同じ 2015年8月16日 3/3
- 2015/08/21(Fri) -
魚を主食にしている鳥たちの朝食は明るくなり出して川の中が見えるようになってから狩が始まる。
鮎の友釣り師もある意味同じで川の流れの中に魚影を見つけてそこに囮を送り出す。
魚影が見えなければ友釣りの成果は低い。
双眼鏡を備えている場合はヤマセミが飛来する方向と目の前の川に照準を
合わせて川の中が見えるようになる頃合いが朝食時間なのでそのつもりで準備すると良いかもしれない。

今日のヤマちゃんは三打数一安打でまずますの成果と言って良いのではないだろうか!!
20150816-DSC_5867.jpg

20150816-DSC_5961.jpg

20150816-DSC_6021.jpg

20150816-DSC_6022.jpg

20150816-DSC_6043.jpg

20150816-DSC_6060.jpg

20150816-DSC_6120.jpg

20150816-DSC_6122.jpg

20150816-DSC_6173.jpg

20150816-DSC_6185.jpg

20150816-DSC_6195.jpg

20150816-DSC_6196.jpg

20150816-DSC_6214.jpg

20150816-DSC_6220.jpg

20150816-DSC_6224.jpg

ご覧いただきありがとうございます。

本日の機材:AF-S 300mm f/2.8G ED VR II+TC-17EⅡ+NIKON D7200

次のイメージもある程度できつつあるので後は当日の天気と相談しながら下流、上流、さらに上流の
どこのポイントに入るか決めよう!
この記事のURL | ヤマセミ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
お気に入りのキノコ枝に止まる渓流のヤマセミ  2015年8月16日 2/3
- 2015/08/18(Tue) -
6:49
上流に飛んでいたヤマちゃんが9分の間をおいて再び戻ってきた。
そして、期待のキノコ枝に止まって様々なポーズをとってくれました。

朝一も一瞬だけここに止まってくれましたがその時は撮り逃してしてしまったので今度こそと言う
思いでシャッターを切りました。

岩場では3分のパフォーマンスでしたがこのお気に入りのキノコ枝ではどの位留まってくれるかな!
ヤマちゃんがこの枝がお気に入りのように私もこのキノコ枝でのパフォーマンスは大好きです。
皆さんはどのポーズがお好きですか?
1.
20150816-DSC_5464-2.jpg
2.
20150816-DSC_5510-2.jpg
3.
20150816-DSC_5516-2.jpg
4.
20150816-DSC_5516-4.jpg
5.
20150816-DSC_5518-2.jpg
6.
20150816-DSC_5518-4.jpg
7.
20150816-DSC_5570-2.jpg
8.
20150816-DSC_5570-4.jpg
9.
20150816-DSC_5570-6.jpg
10.
20150816-DSC_5570-8.jpg
11.
20150816-DSC_5573-2.jpg
12.
20150816-DSC_5573-4.jpg
13.
20150816-DSC_5573-6.jpg
14,
20150816-DSC_5583-2.jpg
15.
20150816-DSC_5583-4.jpg
16.
20150816-DSC_5583-6.jpg
17
20150816-DSC_5591-4.jpg
18
20150816-DSC_5601-2.jpg
19
20150816-DSC_5601-3.jpg
20.
20150816-DSC_5634-2.jpg
21.
20150816-DSC_5634-6.jpg
22.
20150816-DSC_5636-2.jpg
23.
20150816-DSC_5636-3.jpg
24.
20150816-DSC_5636-5.jpg
25.
20150816-DSC_5651-2.jpg
26.
20150816-DSC_5651-4.jpg
27.
20150816-DSC_5669-2.jpg
28.
20150816-DSC_5669-4.jpg
29.
20150816-DSC_5669-6.jpg
30.
20150816-DSC_5670-2.jpg
31.
20150816-DSC_5670-4.jpg
32.
20150816-DSC_5674-2.jpg
33.
20150816-DSC_5695.jpg
34.
20150816-DSC_5699-2.jpg
35.
20150816-DSC_5699-4.jpg
36.
20150816-DSC_5699-6.jpg
37
20150816-DSC_5700-2.jpg
38.
20150816-DSC_5742-3.jpg
39.
20150816-DSC_5742-5.jpg
40.
20150816-DSC_5742-7.jpg
41.
20150816-DSC_5743-2.jpg
42.
20150816-DSC_5757-2.jpg
43.
20150816-DSC_5757-4.jpg
44.
20150816-DSC_5784.jpg
45.
20150816-DSC_5700-4.jpg
46.
20150816-DSC_5700-6.jpg
47.
20150816-DSC_5706-2.jpg
48.
20150816-DSC_5706-4.jpg
49
20150816-DSC_5706-5.jpg

キノコ枝に止まる渓流のヤマセミは可愛い

本日の機材:AF-S 300mm f/2.8G ED VR II+TC-17EⅡ+NIKON D7200

長々とご覧いただきありがとうございます。

つづく
この記事のURL | ヤマセミ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
岩場で遊ぶ渓流のヤマセミ  2015年8月16日  1/3
- 2015/08/17(Mon) -
早朝4時に到着、あたりは当然真っ暗!

前回、記述するのを忘れてしまいましたが、ここに到着する1km位手前で大鹿が突然ガードレール側の茂みから
路上に飛び出してきて、思わず「あっ~!」と大声を出してしまいました。咄嗟に右に急ハンドル切って難を逃れました。
衝突していればお互いにかなりのダメージがあっと思うくらいデカイ鹿でした。
と言う出来事があったので今日はその辺りでは慎重に運転してきました。
皆さんもトンネルからここまでの暗がりの道は要注意です。

暗がりの中を慎重に機材を下ろし、先客のK.Oさんに「おはようございます~宜しくです」と声をかけながら
隣に設営させて頂きました。

暫く雨が降っていないため減水気味で倒木から水際までがだんだん遠くなっていっているようです。
少し白々としてきた川面を見ながら「これ以上減水すると飛び込みに影響するな~!」などと一人心配しながら機材セットを急ぎました。

今日のテーマは「渓流らしさが出るような止まり物」と何となくそれをイメージしていたので
あの岩、あの倒木あたりにとポイントを見定めながら飛来するのを待ちました。
5時、6時と時間が過ぎてISOとSSバランスがだんだん求めている値に近くなってきました。

そして、6時37分
20150816-DSC_5284-2.jpg

20150816-DSC_5287-3.jpg

20150816-DSC_5287-4.jpg

20150816-DSC_5292-2.jpg

20150816-DSC_5302-2.jpg

20150816-DSC_5304.jpg

20150816-DSC_5330-2.jpg

20150816-DSC_5329.jpg

20150816-DSC_5356-3.jpg

20150816-DSC_5356-5.jpg

20150816-DSC_5356-7.jpg

20150816-DSC_5357-3.jpg

20150816-DSC_5362-2.jpg

20150816-DSC_5371-2.jpg

20150816-DSC_5380-2.jpg

20150816-DSC_5389-2.jpg

20150816-DSC_5390-2.jpg
♂の若でした。(娘と思っていましたが間違いでした)
20150816-DSC_5391.jpg

20150816-DSC_5400.jpg

20150816-DSC_5414-3.jpg

20150816-DSC_5414-4.jpg

20150816-DSC_5421.jpg

20150816-DSC_5422.jpg

20150816-DSC_5424.jpg

20150816-DSC_5427.jpg

20150816-DSC_5428.jpg

20150816-DSC_5434.jpg

20150816-DSC_5438.jpg

20150816-DSC_5440.jpg

20150816-DSC_5453.jpg

20150816-DSC_5454.jpg

20150816-DSC_5456.jpg

20150816-DSC_5457.jpg
6:40 
20150816-DSC_5458.jpg
上流へ飛んで行ってしまいました。

つづく

本日の機材:AF-S 300mm f/2.8G ED VR II+TC-17EⅡ+NIKON D7200






この記事のURL | ヤマセミ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
自分にとっての新天地開拓 2015年8月12日
- 2015/08/13(Thu) -
夏休みの初日、通い慣れた湖畔のポイントから渓流ムード漂う上流に挑戦してみました。
4時に到着、辺りはまだ真っ暗。小型サーチライトを頼りに降り口を探すが簡単ではない。
何とか見つかったが両肩に背負った機材を一度に背負って降りるのは危険なので二度に分けて下ろした。

こう言う時は、昔、伊豆半島から八丈島での磯釣りの経験が物言う、あの頃も真っ暗の中を
断崖絶壁を這うようにポイントを開発したものだった。

各ポイントには暗黙のルールみたなもがあるのでどこに場所取りしたら良いか迷う。
先達者の邪魔にならないようなところに場所取りをして設営。

5:39 下流から微かな羽音と共に飛来。
20150812-DSC_4759-2.jpg

20150812-DSC_4793.jpg

数秒後にもう一羽が飛来。
20150812-DSC_4802.jpg
殆ど寄り添うような近さなのにこの場所ではちょうど重なってしまう。
めったにないチャンスなのに残念だ!
20150812-DSC_4892.jpg

20150812-DSC_4990.jpg

何とか二羽を見たい!と思っていたらそれが通じたらしい!パット飛び出した。
20150812-DSC_5012-3.jpg

20150812-DSC_5013-2.jpg

20150812-DSC_5018.jpg

20150812-DSC_4759-2.jpg

20150812-DSC_5061.jpg

20150812-DSC_5073.jpg

20150812-DSC_5119-2.jpg

20150812-DSC_5120-2.jpg

20150812-DSC_5123-2.jpg

今度は流域の中にある飛び込み石に飛んで行ったがここからだと遠いです。
20150812-DSC_5134.jpg
証拠写真のようなつもりで掲載します。
20150812-DSC_5140.jpg

20150812-DSC_5149.jpg

20150812-DSC_5153.jpg

20150812-DSC_5154.jpg

20150812-DSC_5160.jpg

20150812-DSC_5161.jpg

20150812-DSC_5162.jpg

初ポイントにしてはまずまずの成果でした。

本日の機材:AF-S 300mm f/2.8G ED VR II+TC-17EⅡ+NIKON D7200






この記事のURL | ヤマセミ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
丹沢でもカワセミバトル
- 2015/08/13(Thu) -
例年、今頃は恩田川でカワセミのバトルが始まり皆んなでそれをわいわい追い掛けながら
撮影に興じていましたが今年は異変が起きて4月あたりからカワセミが激減しています。
餌になるお魚が少なくなっているのか他の天敵に寄るものなのか原因がハッキリましません・
お陰で川は寂しい感じです。

恩田川が再び活気付くためにはカワセミが飛び交ってくれないと困っちゃうな〜!!
20150809-DSC_4595.jpg

20150809-DSC_4600.jpg

20150809-DSC_4603.jpg

20150809-DSC_4607.jpg

20150809-DSC_4608.jpg

20150809-DSC_4609.jpg

20150809-DSC_4610.jpg

20150809-DSC_4611.jpg
ここ丹沢でカワセミの撮影をしながらそんなことを思っていました。

本日の機材:AF-S 300mm f/2.8G ED VR II+TC-17EⅡ+NIKON D7200
この記事のURL | カワセミ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ミサゴの飛翔   2015年8月8日
- 2015/08/12(Wed) -
一時間ほど前に飛び出したミサゴが戻ってきた
今度は魚を持っていない。恐らくどこかで調理して食べてしまったのだろう。
この枝は休息場所か?そう言えばここにはヤマセミ、アオサギ、トビ、それにミサゴ・・・
ここは皆んなの共通の休息場所ということか。

20150808-DSC_4274.jpg
今度は先ほどとは違う反対側の枝に止まった。

20150808-DSC_4436.jpg
キョロキョロして再び狩りに行きたうそうにしている
20150808-DSC_4488.jpg
少しピンが甘くなってしまいました・・・・
20150808-DSC_4489.jpg
・・・飛んでいるうちにだんだん合ってきます。
20150808-DSC_4494-2.jpg

20150808-DSC_4497-2.jpg

20150808-DSC_4497-3.jpg

20150808-DSC_4498-3.jpg

20150808-DSC_4498-6.jpg

20150808-DSC_4499.jpg

20150808-DSC_4499-2.jpg

20150808-DSC_4502-2.jpg

20150808-DSC_4503.jpg

本日の機材:AF-S 300mm f/2.8G ED VR II+TC-17EⅡ+NIKON D7200
この記事のURL | ミサゴ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ミサゴに出会う   2015年8月8日
- 2015/08/11(Tue) -
突然、ヤマセミのお気に入りの枝に大きな猛禽らしい鳥が飛来しました。
明らかにトビとは違う。つかさずカメラ仲間に聞くと「オスプレイ」だと言う。
一瞬和名を忘れた。そうそう「ミサゴ」です〜。
これがミサゴか!

このポイントに通い始めて約三ヶ月になりますが初めてミサゴに出会いました
20150808-DSC_4179.jpg
見れば、魚を鷲づかみにしている。
20150808-DSC_4179-2.jpg

私にとって初物になりますのでミサゴについて調べながらつづきを掲載させて頂きます。
ミサゴ(鶚、雎鳩、雎、鵃。学名: Pandion)は、鳥類ミサゴ科ミサゴ属の総称である。魚を捕食することから「魚鷹(うおたか)」の異名がある。英語名はオスプレイと言うらしい。
ミサゴは、空中で静止するホバリング飛行や急降下が可能だそうで、航空機のオスプレイの由来らしい。

今回、残念ながらホバリングや急降下の写真はありません。

全長54–64cm。翼開張150–180cm。体重1.2–2kg。雄雌ほぼ同じ色彩で、背中と翼の上面は黒褐色、腹部と翼の下面は白色で、顔も白く、眼を通って首に達する太い黒褐色の線が走る。後頭部に小さな冠羽がある。嘴は黒く、脚は青灰色。
タカ科と区別される特徴として、spicule と呼ばれる足の外側にある魚を捕らえるための棘、反転する第1趾(猛禽類ではミサゴだけである)、鼻孔の弁、密生し油で耐水された羽毛があげられる。
20150808-DSC_4187.jpg

20150808-DSC_4187-2.jpg

20150808-DSC_4189.jpg

20150808-DSC_4200.jpg

主に海岸に生息するが、内陸部の湖沼、広い河川、河口等にも生息する。水面をゆっくりと低空飛行し獲物を探す。
20150808-DSC_4214.jpg
春・秋の渡りの季節には長野県などの内陸部を移動する個体が観察される。単独かつがいで生活する。
食性は肉食性で主に魚類を食べる。
20150808-DSC_4215-2.jpg
5–7月に水辺の岩や樹上に木の枝を組んだ巣を作り、2–3個の卵を産む。抱卵日数は約35日。抱卵は主にメスが行い、オスはメスに獲物を運ぶ。雛は孵化後、52–53日で巣立ちし、その後1-2ヶ月後に親から独立する。成熟するのに3年かかる。
20150808-DSC_4215-4.jpg

20150808-DSC_4215-6.jpg

この後、暫くして再び飛来。飛翔シーンが撮れました。
つづく
本日の機材:AF-S 300mm f/2.8G ED VR II+TC-17EⅡ+NIKON D7200
この記事のURL | ミサゴ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
きみたんのヤマセミ初挑戦  2015年8月7日
- 2015/08/10(Mon) -
普段からヤマセミに会いたいと言っていた家内と一緒にヤマセミ撮影に出かけました。

家内は時々近くの川でカワセミを撮影していますがどちらかというと撮影よりも
カメラ仲間と会っておしゃべりする時間の方が長いのんびり屋のカメラマンです。

今日の機材はコンパクト軽量を優先してLUMIX G 100-300+OMD EM1(換算 600mm)

きみたんのヤマセミ初挑戦
さて念願のヤマセミに会えるか?期待を持って早朝3時に家を出ました。

5:16  これが正真正銘きみたんのヤマセミ初ショット!
20150807-P8070005.jpg

20150807-P8070021.jpg

20150807-P8070044.jpg

20150807-P8070051.jpg

その後はあまり出が良くなかったので10時に早上がりして12時には帰還しました。
昼食は自宅で待っていた90歳になる母を囲んでヤマセミ談義!

きみたん曰く「会えて良かった〜!!また行こう!」
この記事のURL | ヤマセミ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
三時間ドラマ   2015年8月2日 番外編
- 2015/08/09(Sun) -
8:45 いつものお気に入りポイントで休息しているとシンボルの冠羽がパット!立ちました。
アオサギの襲来への警戒態勢でした。
お気に入りのポイントをアオサギに占拠されてしまった。
20150802-20150802-DSC_3829.jpg

ヤマセミはアオサギ飛来する気配をかなり早い段階でキャッチしているようで
ファインダーにアオサギが入ってくる前には飛び出しているようです。

20150802-20150802-DSC_3862.jpg

20150802-20150802-DSC_3863.jpg

20150802-20150802-DSC_3864.jpg

20150802-DSC_3866.jpg

20150802-DSC_3867.jpg

20150802-DSC_3868.jpg

20150802-DSC_3890.jpg
まるで勝ち誇って声高に笑っているかの様です。

この記事のURL | ヤマセミ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヤマ/カワの三時間ドラマ 2015年8月2日 最終回
- 2015/08/09(Sun) -
この日のネタはまだまだありますが後が支えているので
ヤマ/カワの三時間ドラマはこの号をもって最終回とさせて頂きます。

8:42
20150802-DSC_3626.jpg

20150802-DSC_3638.jpg

20150802-DSC_3640.jpg

20150802-DSC_3641-2.jpg

20150802-DSC_3642-2.jpg

20150802-DSC_3648-2.jpg

20150802-DSC_3659-2.jpg

20150802-DSC_3673-2.jpg

20150802-DSC_3693-2.jpg
♀  近すぎてファインダーアウト

6時半から9時半まで気が退けない三時間でした。

この間、ヤマセミとカワセミが入れ替わり立ち代り目の前に現れそれぞれ
個性的なポーズで私を歓迎してくれたお陰で長いとは感じずに集中力を保つことが出来ました・

今日は充実した記念すべき一ページとなりました。

本日の機材:AF-S 300mm f/2.8G ED VR II+TC-17EⅡ+NIKON D7200
この記事のURL | ヤマセミ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ヤマ/カワの三時間ドラマ 2015年8月2日 第三幕 カワセミ
- 2015/08/08(Sat) -
ヤマ/カワの三時間ドラマ 第三幕 カワセミ編

この後、山翡翠の合間の埋めるようにカワセミが短時間の間に相次いでありました。

7:34 一番棒
20150802-DSC_3399.jpg

20150802-DSC_3424.jpg

7:39 4番棒
20150802-DSC_3447.jpg

7:54 5番棒
20150802-DSC_3509.jpg

20150802-DSC_3523.jpg

20150802-DSC_3544.jpg

長編で中だるみ気味、次は気合を入れてやります。

この記事のURL | カワセミ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヤマ/カワの三時間ドラマ 2015年8月2日 第三幕 
- 2015/08/07(Fri) -
ヤマ/カワの三時間ドラマ 第三幕 

対岸のお気に入りの二股枝に止まっていたヤマセミ君の様子がおかしいぞ!!
口を何度も大きく開けて、次第にそれが大きくなってきた。
ヤマセミ ペリット吐き出す!!
20150802-DSC_3721.jpg

20150802-DSC_3734.jpg

20150802-DSC_3746.jpg

20150802-DSC_3761.jpg

20150802-DSC_3763.jpg

20150802-DSC_3764.jpg

20150802-DSC_3767.jpg

20150802-DSC_3768.jpg

20150802-DSC_3770.jpg
スッキリした様子です。
この記事のURL | ヤマセミ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヤマ/カワの三時間ドラマ  2015年8月2日 第二幕  
- 2015/08/06(Thu) -
第一幕のつづきにだらだらと追加していこうと試みましたが実際には
難しかったので新規ページに第二幕を掲載しました。

ヤマ/カワの三時間ドラマ 第二幕

今日は山翡翠撮影を始めて10回目となる記念日
露出補正など最初に比べれば多少は進歩してきたような気がします。
しかし、周りの先輩ブロガーの画像を見る度に溜息を漏らしながら少しでも
近づけるようになりたいと思う毎日です。

6:40 対岸から直ぐに戻ってきました。
それも、期待していた三番棒に止まってくれました。
20150802-DSC_2954-2.jpg

20150802-DSC_2957-4.jpg

20150802-DSC_2964-2.jpg

20150802-DSC_2964-4.jpg

20150802-DSC_2967-2.jpg

20150802-DSC_2966-2.jpg

20150802-DSC_2966-4.jpg

20150802-DSC_2970.jpg

20150802-DSC_2971-2.jpg

20150802-DSC_2972-2.jpg

20150802-DSC_2980.jpg

20150802-DSC_2981.jpg

20150802-DSC_3003-2.jpg

20150802-DSC_3007-2.jpg
ノートリ
静止状態からの飛び出しのため力が入ってしまって少しピンが甘くなってしまいました。残念!

20150802-DSC_3007-4.jpg

6:56
ヤマセミが飛び去ったあと目の前の砂利洲にイカルチドリがよちよちとお出ましになりました。
少し視点を変えて休憩です。
20150802-DSC_3068.jpg

20150802-DSC_3071.jpg

20150802-DSC_3072.jpg

本日の機材:AF-S 300mm f/2.8G ED VR II+TC-17EⅡ+NIKON D7200
この記事のURL | ヤマセミ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ヤマ/カワの三時間ドラマ   2015年8月2日
- 2015/08/04(Tue) -
昨晩の飲み会が影響して今朝は不覚にも寝坊してしまいました。
五時半過ぎに到着、車止めには大型マイクロバスやら乗用車が数台停まっていて
駐車スペースなし、これは困ったと思案していると駐車していた一台がUターンして出て行った。
これは幸いとそこに停めた。しかし、この車の台数ではポイントに入れるだろうかと不安な気持ちで
機材を抱えて下りて行くと意外にもポイントには誰一人いませんでした。
これはラッキーと思いながらすっかり明るくなっているので辺りの気配に注意しながら準備を急いだ。

5時50分準備完了。テントの中で一息入れる。
外に神経を向けながら朝食をとってしまおう。
暫く静寂が続いた・・・来ないな〜! 遅刻が影響したかな?

6:30 ふと気が着くと目の前の流木にカワセミが止まってました。
第一幕
20150802-DSC_2769.jpg

20150802-DSC_2786.jpg

20150802-DSC_2791-2.jpg

20150802-DSC_2792.jpg

20150802-DSC_2793.jpg

20150802-DSC_2794.jpg

このカワセミの到来を皮切りに三時間に及ぶのドラマが始まりました

カワセミが下流に消えた数分後
6:37 に本命の山翡翠がケッケッケッ!と鳴きながら
一番棒に上流から飛来した。
20150802-DSC_2798.jpg

20150802-DSC_2808.jpg

20150802-DSC_2808-3.jpg

20150802-DSC_2841-2.jpg

20150802-DSC_2841-4.jpg

20150802-DSC_2850-3.jpg

20150802-DSC_2850-6.jpg

20150802-DSC_2855-4.jpg

20150802-DSC_2855-6.jpg

20150802-DSC_2860.jpg

20150802-DSC_2874.jpg

20150802-DSC_2876.jpg

20150802-DSC_2877.jpg

どこに行ったと思ったら対岸の暗い茂みにいました。
20150802-DSC_2898.jpg

20150802-DSC_2910.jpg

つづく
続きはこの後にだらだら追加されていきますので順次スクロールして頂くと時系列で
ご覧いただけます。
第一幕はここまで。

本日の機材:AF-S 300mm f/2.8G ED VR II+TC-17EⅡ+NIKON D7200

この記事のURL | ヤマセミ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ヤマセミの飛び出し   2015年8月1日
- 2015/08/04(Tue) -
迷彩テントの威力は凄いと思います。様々な小鳥やカワセミ、そしてヤマセミまでが直ぐ近くにまで
寄ってきます。欲を言えばレンズ窓が半円形に空いていると視界も広がるし飛び出しや飛翔撮影の時には大活躍すると思うのですが。どなたかそんなテントをご存知の方がいましたら是非お教え願いませんでしょうか。

今回は止まりと飛び出しを掲載させて頂きます。

20150801-DSC_2537.jpg
暗〜い!失礼
20150801-DSC_2546.jpg

20150801-DSC_2547-2.jpg

20150801-DSC_2548.jpg

20150801-DSC_2667-2.jpg

20150801-DSC_2642-3.jpg

20150801-DSC_2523.jpg

20150801-DSC_2524-2.jpg

20150801-DSC_2525-2.jpg


ヤマセミまだまだありますが飽きてしまうので次回は他のネタ考えます。
と言っても大したことありませんが。
暇つぶしでにでもご覧いただければと思います。

本日の機材:AF-S 300mm f/2.8G ED VR II+TC-17EⅡ+NIKON D7200
この記事のURL | 自然探訪 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヤマセミの飛翔  2015年8月1日
- 2015/08/02(Sun) -
今日は情報流失でポイントが混雑しそうな予感がしたのと新たなポイントを開拓すると言う目的が
あったので何時もより早く家を出て現場に向かいました。
現場に到着すると車置き場には渓流釣りと思しき車が一台停まっているだけで
他はなし、一安心。
しかし、真暗で初めてライトを照らしながらポイントに向かった。
ポイントにも人気なし。空をみあげれば真ん丸な月、そうか今日はブルームーンだ!!
山と空とのコントラストがきれいだった。
20150801-P8010013.jpg

小型サーチライトで対岸の様子を確認して、テント4張りが問題なく設営できるかどうかを確認した上であまり前に出ない位置に場所決めて設営開始、三時半 準備完了。仲間の到着を待つ。

今日のファーストショットは4時52分
その後、二時間の間に今までに経験したことがない様なシーンが繰り広げられました。
最初に、飛翔シーンから紹介します。
20150801-DSC_2667-2.jpg

20150801-DSC_2730-2.jpg

20150801-DSC_2731-2.jpg

20150801-DSC_2732-2.jpg

20150801-DSC_2733-2.jpg

20150801-DSC_2734-3.jpg

20150801-DSC_2735-2.jpg

20150801-DSC_2736-2.jpg

20150801-DSC_2737-4.jpg

20150801-DSC_2738-2.jpg

20150801-DSC_2739-3.jpg

私のカメラでこの連写が可能でしたので上位機種の場合なら倍のコマ数が容易に
撮影できたと思うと羨ましい限りです。

まだまだ続きます。

本日の機材:AF-S 300mm f/2.8G ED VR II+TC-17EⅡ+NIKON D7200




この記事のURL | ヤマセミ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン |