2016 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2016 07
やマちゃんの飛び出し
- 2016/06/29(Wed) -
ヤマちゃんは時々飛来してはお気に入りの木の枝に留まり辺りの様子を窺ってから飛び出します。
20160626-DSC_2247.jpg

20160626-DSC_2215.jpg

20160626-DSC_2266.jpg

20160626-DSC_2267.jpg


ご覧いただきありがとうございます。

機材:AF-S 300mm f/4E PF ED VR+1.4TC+D500
この記事のURL | ヤマセミ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
若の毛並みは艶やか
- 2016/06/28(Tue) -
数メートルの至近郷里で撮影できました。
若の毛並みは艶やがあって柔らかで気持ち良さそうですね〜
20160626-DSC_6448.jpg

20160626-DSC_6448-2.jpg

20160626-DSC_6452.jpg

20160626-DSC_6462-2.jpg

20160626-DSC_6462.jpg

20160626-DSC_6464.jpg

20160626-DSC_6464-2.jpg

20160626-DSC_6467.jpg

20160626-DSC_6467-2.jpg

20160626-DSC_6474.jpg

ご覧いただきありがとうございます。

機材:AF-S 300mm f/4E PF ED VR+1.4TC+D500
この記事のURL | ツミ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
獲物を落としホバる 
- 2016/06/28(Tue) -
遥か彼方でヤマちゃんがホバっていた。
獲物をゲットしたヤマちゃんが木の枝に着地したと思ったら獲物をポロリと落とした。
何としても欲しかったんでしょうね〜。再び飛び出し取りに行ったが見失ってホバりながら探していた。
20160626-DSC_5632.jpg

20160626-DSC_5635.jpg

20160626-DSC_5636.jpg

20160626-DSC_5647.jpg

20160626-DSC_5637.jpg

20160626-DSC_5650.jpg

20160626-DSC_5653.jpg

20160626-DSC_5639.jpg

20160626-DSC_5654.jpg

20160626-DSC_5655.jpg

20160626-DSC_5658.jpg

20160626-DSC_5659.jpg

手前味噌になりますが暗い遠いという悪条件の中でホバを捉えてくれた機材に一寸感謝した
瞬間でした。

ご覧いただきありがとうございます。

機材:AF-S 600mm f4/E FL ED VR+TC1.7E2+D500
この記事のURL | ヤマセミ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
水辺のツミ
- 2016/06/27(Mon) -
給餌にやってきた親鳥が子供達に順番に餌を与え終わり水辺に舞い降り一休み。
20160626-DSC_6106-2.jpg

20160626-DSC_6111-2.jpg

20160626-DSC_6114.jpg

20160626-DSC_6119.jpg

20160626-DSC_6130-2.jpg

20160626-DSC_6131.jpg

20160626-DSC_6131-3.jpg

ツミの親鳥は一時間半前後で給餌にやって来るようです。

ご覧いただきありがとうございます。

機材:AF-S 300mm f/4E PF ED VR+1.4TC+D500
この記事のURL | ツミ | CM(1) | TB(0) | ▲ top
ヤマちゃんとツミのダブルヘッダー ヤマちゃん編
- 2016/06/26(Sun) -
東名高速が途中夜間通行止めで一般道を利用する羽目になりましたが、それでも現地到着は20分遅れで大きな影響はありませんでした。

予想は的中、準備をしていると家内が「来た〜!」私よりも先に気づきました。
迷彩ネットは私が準備して家内にカメラのセットを急がせました。

全てノートリです。
20160626-DSC_5820.jpg

20160626-DSC_5858.jpg

20160626-DSC_5876.jpg

20160626-DSC_5890.jpg

20160626-DSC_5893.jpg

だんだん日が高くなってきたのでボチボチ片付け始めて10時半前にはポイントを撤収しました。
帰途は非常に順調で11時半には自宅に着いてしまいました。
昼飯を自宅でとり所用済ませ休息とって私は第二ランドに挑戦しました。

という訳で今週はヤマちゃんとツミを交互に掲載したいと思っています。

ご覧いただきありがとうございます。

機材:AF-S 600mm f4/E FL ED VR+TC1.7E2+D500
この記事のURL | ヤマセミ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヤマちゃん接近
- 2016/06/25(Sat) -
遠くで飛んでいたヤマちゃんでしたが
私の期待に応えてやっと近くの木立にやって来てくれました(^^)
20160619-P6190033.jpg

ご覧いただきありがとうございます。
機材:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3+OM-D E-M1
この記事のURL | ヤマセミ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ヤマちゃんの水浴び
- 2016/06/20(Mon) -
ヤマちゃんは時折やって来ては決まって水浴びをします。
あと何日か’???大凡の見当をつけて楽しみます。
大抵は外れますが∠( ^ o ^ ┐)┐

全てトリミングしています。
20160619-DSC_3861.jpg

20160619-DSC_3862.jpg

20160619-DSC_3863.jpg

20160619-DSC_4390.jpg

20160619-DSC_4391.jpg

20160619-DSC_4392.jpg

20160619-DSC_4393.jpg

20160619-DSC_4394.jpg

少しでも絵になるようにギリギリのところでトリミングしてみましたが
ちょっと残念な結果に。

ご覧いただきありがとうございます。

機材:AF-S 600mm f4/E FL ED VR+TC1.7E2+D500
この記事のURL | ヤマセミ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
久しぶりのヤマちゃん  
- 2016/06/20(Mon) -
前回いつ行ったか思い出せないほど久し振りに週末土日連チャンでヤマちゃんに行ってきました。
土曜日は前回下見した時にヤマちゃんを発見した上流のポイントを探索、そのポイントも捨てがたかったが今日は家内同伴のため余り歩かない楽な場所を選びました。

最初の飛来は4:45
こんなに早く来るとは予想していなかったので撮りそこないました。
そして、慌てて準備し終えると直ぐに飛来、4:57でした。

まず最初に湖面を翔ぶヤマちゃんを掲載させていただきます。

全てノートリです。
20160619-DSC_3937.jpg

20160619-DSC_3939.jpg

20160619-DSC_3940.jpg

20160619-DSC_3941.jpg

20160619-DSC_3942.jpg

20160619-DSC_3957.jpg

20160619-DSC_3970.jpg


暫くして、今度は逆方向から飛来しました。
20160619-DSC_4536.jpg

20160619-DSC_4537.jpg

20160619-DSC_4539.jpg

20160619-DSC_4541.jpg

20160619-DSC_4547.jpg

20160619-DSC_4555.jpg

20160619-DSC_4557.jpg

20160619-DSC_4560.jpg

20160619-DSC_4564.jpg

ご覧いただきありがとうございます。

機材:AF-S 600mm f4/E FL ED VR+TC1.7E2+D500
この記事のURL | ヤマセミ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
カワセミの親たちは二番子に向けて精を出す  20160612
- 2016/06/14(Tue) -
枝に止まって♀がピーピーと甲高い声で囀りました。再び求愛給餌かと思いましたが
上流から飛んできた♂はお魚を咥えていません。♀も枝の上で小刻みに体を震わせていました。
これは給餌ではないようです。

20160612-DSC_3727.jpg
40センチほど離れたところに止まった雄は少しだけ辺りの様子を伺い飛び上がり、
そして雌の後方に回りました。
20160612-DSC_3728.jpg

20160612-DSC_3729.jpg

20160612-DSC_3730.jpg

20160612-DSC_3732.jpg

20160612-DSC_3734.jpg
連写性能が向上したお陰でこれより先の写真の方が多いのですが・・・・・
この辺りが適当かと思いますので次回また応援宜しくお願い致します。

ご覧いただきありがとうございます。

機材:AF-S 300mm f/4E PF ED VR+1.4TC+D500
この記事のURL | カワセミ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
一週間後カワセミの親鳥たちは?   20160612
- 2016/06/13(Mon) -
一週間前に巣立った幼鳥たちはどこかに隠れているのか姿を見つける事ができませんでした。
親鳥たちが二番子に向けて活発に求愛給餌を繰り返していました。

20160612-DSC_3545-2.jpg

20160612-DSC_3600-2.jpg

20160612-DSC_3602-2.jpg

20160612-DSC_3604.jpg

20160612-DSC_3615.jpg

20160612-DSC_3625.jpg

20160612-DSC_3626.jpg

20160612-DSC_3628.jpg

20160612-DSC_3690.jpg
雌は雄がお魚を運んでくるのをじっと待っています。
20160612-DSC_3691.jpg
ここは日当たりが良いので暑いのでしょう。
20160612-DSC_3692.jpg
こうして時々水浴びをして体を冷ましています。
20160612-DSC_3693.jpg

ご覧いただきありがとうございます。

今回の機材は再びD500と300pfの組み合わせで再トライ。
D500は基本操作はD7200に似ているとは言え設定条件が複雑です。
そのため、単純設定では性能を発揮できないで私のように前の機種に戻る方も
いらっしゃるのではないでしょうか。今日再びこのボディに再挑戦した事に
よってその辺りが少しだけ分かったような気がしました。
やはり、使い込まないとダメですね(^^)

機材:AF-S 300mm f/4E PF ED VR+1.4TC+D500
この記事のURL | カワセミ | CM(6) | TB(0) | ▲ top
カワセミの幼鳥一番子出る P-2  20160605
- 2016/06/05(Sun) -
今日は朝方雨になってしまいましたので午前中に所用を済ませて午後から昨日のポイントに向かいました。
すると、やはり親鳥はリスクを避けて六羽の子供たちを三箇所のポイントに二羽ずつ誘導したようで
どのポイントに行っても最高が三羽揃い。それ以上にはなりませんでした。

それから今日はカメラを以前使っていたもに変えて性能テストをしてみました。

上流側の第一ポイントにて
20160605-DSC_1989.jpg
幼鳥は黒い
20160605-DSC_2006-2.jpg

第二ポイントでの給餌 こちらにも二羽いました
20160605-DSC_2015-2.jpg
この時期の小魚は鯉の子供のようです
20160605-DSC_2020.jpg

20160605-DSC_2024.jpg
どういう訳か?なかなか給餌しません
20160605-DSC_2025.jpg
このように焦らすのは何の意味があるのかカメラマン同士それぞれに自説を
言い合って談笑するのも楽しいものです。例えば、喉元に詰まらないようにとか、態度の悪い子供への躾だとか、
いろいろです。定かな事は分かりません。
20160605-DSC_2041.jpg

20160605-DSC_2046.jpg

20160605-DSC_2061.jpg

20160605-DSC_2066-2.jpg

六羽の子供たちに順番に給餌しなければならないので親鳥は忙しい 
20160605-DSC_1963-2.jpg
また小魚を咥えてきました
20160605-DSC_1965.jpg
親鳥は給餌の順番を間違えません(強引に割り込んでく順番を狂わす幼鳥も時々見かけますが)
20160605-DSC_1968-2.jpg
目を白黒させながら強引に給餌します
20160605-DSC_1969.jpg

20160605-DSC_1970.jpg
給餌完了 小魚が幼鳥の喉元まで入りました

ここは上流側から数えて三番目のポイント
20160605-DSC_2094-2.jpg

20160605-DSC_2100-2.jpg

20160605-DSC_2109-2.jpg

ご覧いただきありがとうございます。
またの訪問をお待ちしています。

機材:AF-S 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR +D7200
この記事のURL | カワセミ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
カワセミの幼鳥一番子出る  20160604
- 2016/06/05(Sun) -
2016年6月3日、MFのO 川に今年も待望の幼鳥が出ました。
6時半出勤準備をしていると手元のスマホがブルブルと小刻みに震えました。
出ると小声で早朝にすいません、『出ました〜!!」そうですか連絡ありがとうございます。
早速、出勤準備を整えカメラも持って川へ向かいましたがこの時は梅園に二羽を目撃したのみで
撮影すること叶わず後ろ髪を引かれる思いで出勤しました。

翌日、土曜日は早朝5時に出撃しました。
親鳥は川に幼鳥を放つと天敵などに襲われ難い様に幼鳥を餌で誘導して居場所を分散させようとします。
という事もあり昨日と同じとは限らないと思ったのでその状況を確認してからポイントに向かいました。

現場に着くと既に二人のカメラマンがレンズを向けていました。

(写真は雰囲気重視で並べていますので一部撮影時間は順不同になっているところがあります)

見通しの良い枝に親子で・・
20160604-DSC_3448-2.jpg

20160604-DSC_3466-2.jpg
子供が餌を催促しているようです
20160604-DSC_3471-2.jpg

20160604-DSC_2976-2.jpg
幼鳥は親鳥が餌を運んでくると一斉に催促しますが親鳥は間違うことなく順番に餌を与えて行きます
20160604-DSC_2970-2.jpg

20160604-DSC_2971-2.jpg

20160604-DSC_3180.jpg
三羽の子供たちに一斉に催促されてそれを振り切る親鳥
20160604-DSC_3182.jpg

20160604-DSC_3324.jpg

20160604-DSC_3349.jpg

20160604-DSC_3358.jpg

20160604-DSC_3379.jpg

20160604-DSC_3382.jpg

20160604-DSC_3393.jpg

今日のO川は総勢20人くらいのカメラマンが集まり大盛況でした。

カメラマンたちの最大の関心事は何羽の幼鳥が出たのかです。
点在している幼鳥の数を把握するのは容易ではありませんが、カメラマンの人数が多いと何とかなります。
点在する幼鳥のポイントにカメラマンが張り付き同時に数を報告し合えば正しい数を把握する事ができます。
今年の一番子の数は集まったカメラマン同士で確認し合い6羽という事でまとまり、シャンシャンと手打ちがされました。


ご覧いただきありがとうございます。
また、次回も宜しくお願い致します。

機材は一家まとめて撮影できる様にズームレンズ選択しました。

機材:AF-S 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR +D500
この記事のURL | カワセミ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン |