2016 11 ≪  12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 01
第五回 恩田川カワセミ忘年会 2016
- 2016/12/18(Sun) -
2016年恩田川カワセミ忘年会が予定通り開催されました。
2012年から始まったこの忘年会も今回で5回目を数えることになります。

毎年、忘年会の日は晴天に恵まれ忘年会参加者の中には昼過ぎまでは川で撮影を楽しみ
そして一風呂浴びてから忘年会の会場に出向くと言う人も多いようです。

日時:12月17日(土)午後5時半〜8時半 
会場:海鮮市場 成瀬店 042-724-2244
通常は二時間のところ3時間コースでやってくれます。

受付開始 5時10分〜
20161217-PC170002.jpg
宴会開始前に恒例の集合写真:5時20分
20161217-PC170003.jpg
今年は第三土曜日開催となり、他のベントと重なってしまい当日も数人のキャンセルがあったりで
今回は12名の参加でした。
来年は第二土曜日の開催で企画していきますので皆さんこの段階でカレンダーに入れてください。

宴会開始:5時半
今回、メインスピーチはこの人によって盛りだくさんのお話がありました。
20161217-PC170008.jpg

そして乾杯はこの人
20161217-PC170012.jpg
控えめながら存在感があります。年の功でしょうか。

A焼きタラバコース  
B和牛しゃぶしゃぶコース
参加費:6500円(税込)→6000円(税込)予定より安くなりました。

あちらこちらで乾杯!乾杯!
20161217-PC170018.jpg

こちらは澄まし顔での乾杯
20161217-PC170025.jpg


写真コンテスト
撮影場所:恩田川(支流含)で撮影したカワセミ写真

撮影期間:昨年の忘年会翌日〜今年の忘年会当日まで

サイズ:2L
裏に必ず名前と撮影日を記載、表に撮影日とタイトルを付箋等に書いて下さい。

作品エントリーの詳細は以下の通りです。
20161218-PC170046.jpg
只今、投票集計中

では各賞の発表をさせて頂きます。
A.上手く羽ばたけたで賞
(ホバリング又は飛翔)
20161217-PC170033.jpg
受賞は会計部長の山田さんです
20161217-PC170028.jpg

B.可愛いで賞
雛&幼鳥の仕草
20161217-PC170035.jpg
先輩後輩逆転しても大らかなハートで定評がある五十嵐さん
20161217-PC170039.jpg

C.いい季節で賞
さくらカワセミ、紅葉カワセミ、雪カワセミなど、季節感を感じられる作品
20161217-PC170047.jpg
毒舌の中にもユニークさで周囲を失笑させる三木さん
20161217-PC170061.jpg
昨年新人賞を二つも獲得したにも拘らず遠慮を知らない(冗談ですが)大野さん

宴たけなわ、すでに出来上がってきたのかな〜?
20161217-PC170064.jpg

そして、閉会の挨拶をコンさんにしていただきながら昨年の忘年会で議題に上った会の名前について
話があり、諸説ある中で
20161218-PC170060.jpg

ここに集まる人は「恩田川」と「カワセミ」この二つのキーワードによって集っているという
趣旨の話があり「恩田川カワセミ倶楽部」では如何なものかという提案がありました。
そして、全員一致で今後の活動名を上記の「恩田川カワセミ倶楽部」で行くことを確認して一本締めで閉会となりました。
今回、この場に居合わせなかった方には事後報告となってしまいますがご了解をいただければと思います。
この記事のURL | その他 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
最高の条件に恵まれて秋を満喫
- 2016/12/03(Sat) -
このところヤマちゃんは不調ですがこういう時は焦らず急がずノンビリ周り見渡せば素晴らしい景観が
広がっています。
今日は昨日は見えなかった冨士山がポッカリと顔を出していました。それも、秋晴れの青空の下、富士は真っ白な雪を頂き、赤や黄色の紅葉とのコントラストが見事でした。三拍子どころか四拍子もの条件が揃うことは滅多にないと思います。
20161113-DSC_7428.jpg

20161113-DSC_7435.jpg

20161113-DSC_7446.jpg

20161113-DSC_7460.jpg

20161113-DSC_7467.jpg

20161113-DSC_7445.jpg

20161113-DSC_7478.jpg

20161113-DSC_7494.jpg

週末にしか活動できない私にとってこの様な機会はまたとないかも知れません。
と言う訳で普段通い慣れたフィールドで二日続けて絶景を堪能させていただきました。
これはヤマちゃん撮影の醍醐味とはまた一味違う格別な満足感に浸りながら帰途に着くことが出来ました。

ご覧いただきありがとうございます。

機材:nikon AF-S 24-70mm f/2.8E ED VR+D810
この記事のURL | 自然探訪 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |